プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

有村昆、降板ラジオに謝罪文「最低な思考・行動」 “パートナー”本仮屋ユイカが代読

有村昆 (C)ORICON NewS inc.の画像

有村昆 (C)ORICON NewS inc.

 14日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で女性問題を報じられた映画コメンテーターの有村昆(44)が、レギュラーを務めるTBSラジオ『地方創生プログラム ONE-J』(毎週日曜 前8:00)を降板。16日の放送に“謝罪文”を寄せ、番組パートナー・本仮屋ユイカが代読した。

【写真】丸岡いずみ、夫・有村昆のほっぺにチュー

 『FRIDAY』では、有村が緊急事態宣言下の4月下旬に女性とホテルで密会していたことなどが報じられ、有村は所属事務所を通じ芸能活動自粛を発表。『ONE-J』の公式ツイッターでは「本日発売の写真週刊誌で、番組出演者の有村昆さんに関する報道がありましたが、これを受け有村昆さんは、当番組から降板することが決定しました。番組を楽しみにして頂いているリスナーの皆様にお詫び申し上げます」と伝えた。

 有村はフリーアナウンサーの丸岡いずみと2012年8月に結婚。18年1月には海外で代理母出産により男児が誕生している。昨年7月には、プロデュースを担当していた舞台『THE★JINRO』で新型コロナウイルスのクラスターが発生し、自身と丸岡が感染していた。

■有村昆が番組に寄せた謝罪全文

番組をお聞きの皆さまおよび、番組関係者の皆さまへ。この度は、身勝手で不謹慎な行動で大変お騒がせし、誠に申し訳ありません。先日発売の一部週刊誌で報じられている内容について事実でございます。記事をご覧になった方には、大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません。

『ONE-J』を聞いて、応援してくださっている皆さま、番組関係者やスポンサーの皆さま、そして一緒に番組をさせていただいております本仮屋ユイカさま。皆さまの期待を裏切り、がっかりさせてしまいました。本当に申し訳ありません。自身の最低な思考・行動でリスナーおよび、番組スタッフに多大なるご迷惑をおかけしたこと、今更ながらではありますが反省しております。

また、コロナ禍のなか、過去に感染経験のある者として、十分に注意する立場でありながら、今回の勝手な行動は非難されて当然だと思います。今回、事務所に申し出をし相談した結果、すべての活動を自粛させていただくことになりました。番組が始まったばかりというのに勝手な申し出をしたこと、改めて申し訳ありませんでした。有村昆。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ