プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

杉咲花、『おちょやん』終了「さみしい」 成田凌との再共演は5年後!?

杉咲花 (C)ORICON NewS inc.の画像

杉咲花 (C)ORICON NewS inc.

 女優の杉咲花のラジオ番組TOKYO FM『Flower TOKYO』(毎週土曜 後9:00~9:30)が15日に放送され、同日放送終了を迎えた連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)を思って「本当にさみしい」と心境を語った。この日は、『おちょやん』で共演した成田凌がゲスト出演(成田は1日から3週連続出演)。成田も「月曜日から『おかえりおちょやん』『おかえり千代』が始まったらいいな」と、17日スタートの連続テレビ小説『おかえりモネ』をもじって名残惜しんだ。

【写真】オフショットとともに感謝を綴った杉咲のインスタ

 杉咲から「どうだった? 『おちょやん』で過ごした時間は?」と聞かれた成田は「終わった今の気持ちがすべてというか。愛情にあふれた期間でしたね」と返し、「愛情は(クランクアップ後も)続いている感じ。これからもほかのみんなの健康を祈るし、その人が出ているドラマとか見たらめっちゃテンション上がると思う。今後も楽しみ」と、同作で共演した人たちとの家族のような絆を伺わせた。

 さらに、成田は「怖くない? 『おちょやん』越えていけるのかな?って。自分自身も、作品への愛情も、終わった後、これくらいの気分になれるかな? これを機に越えていけたら。強くなっていると思う」と話すと、杉咲も「ここで培ったものを次につなげていかないと」と前を向いた。

 『おちょやん』以前にもドラマや映画、CMで何度も共演してきた2人だが、「僕らが共演するのは当分ないだろうけど」(成田)、「カメラの前に立ったら一平としてみちゃうかもしれない。5年後くらいかな」(杉咲)、「28歳、29歳の杉咲花、めっちゃいいじゃない?」(成田)、「楽しみですね」(杉咲)と、再共演を誓っていた。

 「クランクアップで泣いていたのに」(杉咲)、「言うなよ!」(成田)などと、気の置けない間柄らしい会話を繰り広げ、『おちょやん』で千代(杉咲)の父・テルヲを演じたトータス松本のバンド・ウルフルズの「ゾウはネズミ色」(成田主演の映画『くれなずめ』主題歌)もオンエア。

 「毎朝見てくださった方、メールで感想を送ってくださった皆さん。本当にものすごく励みになっていましたありがとうございました」と、感謝を伝え、少し照れながら千代の決めぜりふ「明日もきっと晴れやな」の曲振りで、秦基博が歌う『おちょやん』主題歌「泣き笑いのエピソード」も放送した。

 エンディングでも杉咲は「さみしい」を連発。「『おちょやん』はこれからも残り続ける作品だと思うので、何度でも楽しんでいただけたらうれしいです」と締めくくっていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ