プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

高橋ひかる、生ラジオで『オードリーANN』オマージュ セルフ“アクビン”も

高橋ひかる(C)ニッポン放送の画像

高橋ひかる(C)ニッポン放送

 女優の高橋ひかる(※高ははしごだか)が、14日放送のニッポン放送『高橋ひかるのオールナイトニッポン(ANN)X(クロス)』(深0:00)に生出演。オードリー愛あふれるトークとコーナーで、リスナーを魅了した。

【動画】オードリー愛爆発!マシンガントークをする高橋ひかる

 高橋は、日本テレビ系バラエティー『踊る!さんま御殿』で『オードリーのANN』冒頭のあいさつのものまねを披露して話題となり、同局系の『スクール革命!』の企画では、オードリーゆかりの地をめぐって、時には興奮し、時には涙を浮かべながら熱いオードリー愛を伝えてきた。こうした経緯を経て、昨年8月放送の『オードリーANN』にゲスト出演が実現。春日俊彰と同じピンクベストで登場し、マシンガントークを繰り広げた。

 昨年12月に放送した『高橋ひかるのオールナイトニッポン0(ZERO)』では、全身リトルトゥース(オードリーANNリスナーの愛称)グッズで身を固め、ものまねタレントのバーモンド秀樹ファイルまで用意して挑戦した。この日の放送では「ここにいられることがすごく幸せなんですけど、緊張でドキドキが止まらなくて(笑)。2回目の『ANN』ということでうれしいです。すごく幸せです、ありがとうございます!」と思いを伝えた。

 今回も“お守り”として、バーモント秀樹のクリアファイル、若林正恭の書籍『ナナメの夕暮れ』を持参。「3人でお届けいたします」と呼びかけ、リスナーから寄せられた「自意識が邪魔をしてどうしてもできないこと」に関するメッセージを情感たっぷりに読み上げていった。

 『オードリーANN』内で行われているコーナー「チェ・ひろしのコーナー」をオマージュした「チェ・たかしのコーナー」も実施。自身が主演するテレビ東京系「サタドラ」枠ドラマ『春の呪い』で共演する工藤阿須加の父・工藤公康氏よろしく、左腕で的を倒す企画にチャレンジした。ピンクベストに身を包んだ高橋は、春日と若林の写真を的に、春日の写真のみを倒すことができたら“優勝”、制限時間内に当たらない、もしくは若林の写真を倒してしまったら失敗というチャレンジに臨んだ。

 惜しくも若林の写真を倒してしまった高橋は、『オードリーANN』でもおなじみの「アクビン」(アクリル板でのビンタ)をセリフで実施。「仕方ないな、アクビンしますか。通称アクビン、両方させていただきました。ラジオのみなさん、音で想像してみてください」と声を弾ませた。その後は、最後までマシンガントークで1時間の放送を駆け抜けていった。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ