プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

東山紀之、近藤真彦のジャニーズ退所に厳しい視線「大きな疑問が残っている」

東山紀之、近藤真彦のジャニーズ退所に厳しい視線(C)ORICON NewS inc.の画像

東山紀之、近藤真彦のジャニーズ退所に厳しい視線(C)ORICON NewS inc.

 俳優の東山紀之(54)が、2日放送のテレビ朝日系『サンデーLIVE!!』(毎週日曜 前5:50)に生出演。4月30日をもってジャニーズ事務所を退所した先輩の近藤真彦(56)について厳しいコメントを投げかけた。

【写真】近藤真彦の愛車・アルファロメオジュリエッタスパイダー(2009年撮影)

 東山は、近藤について「僕自身は退所の仕方に大きな疑問が残っているなと。やっぱり後輩たちにも、ファンの人たちにも何の説明もなかった。それは説明をしたくなかったのか、することができなかったのか、これからするのか、それをちょっとどうなっていくか見ていきたい。たくさんのファンの人たちに支えられていますから、それに向き合うのもひとつですから。退所という選択が正しかったんだというのを、今後の生き様で証明いただきたい」と呼びかけ。

 近藤が、過去に自身について言及したVTRを見守った後には「マッチさんのために、自分自身を犠牲にして、助けてきたスタッフの方をたくさん知っているので、どう受け取っているのかなと。そのことを考えると退所のコメントでもすごく薄っぺらく感じるので、これからマッチさんがどういう生き様を見せてくれるのか、生き様を見せてほしい」と語っていた。

 近藤は30日にジャニーズ事務所の公式サイトで退所を発表。昨年11月、『週刊文春』で25歳年下の女性社長との5年に及ぶ不倫が報じられ、活動自粛していたことについて改めて謝罪し、「事務所との話し合いの結果、僕の新しい旅立ちを理解していただき、40年以上お世話になったジャニーズ事務所を退所させていただく事になりました」と伝えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ