プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

酒井法子、独立し個人事務所立ち上げ 50歳の節目に決意「もう一度挑戦してみようと」

酒井法子 (C)ORICON NewS inc.の画像

酒井法子 (C)ORICON NewS inc.

 歌手の酒井法子(50)が1日、所属していた「オフィスニグンニイバ」を4月30日付で退社し、新たに個人事務所を立ち上げることを発表。併せて公式YouTubeチャンネルも開設した。

【動画】酒井法子、公式YouTubeも同時にスタート

 同社の公式サイトでは「この度、弊社所属タレント酒井法子は、2021年4月末日をもちまして退所し、個人事務所、株式会社スマイルを立ち上げ、窓口として活動を続けていきます」と発表。今後もオフィスニグンニイバとしては酒井の活動をサポートしていくとしている。

 酒井も直筆のメッセージを寄せ、「事務所の廣瀬社長をはじめスタッフの皆様にはこの8年間共に歩み、うれしいときも悲しいときも寄り添って頂き、いつも一番近くで励ましてくれました。このご恩は一生忘れません」と感謝。「50歳という節目の年齢が近づくにつれ、この先、あと何日?この芸能界でお仕事をさせて頂けるのであろうかと日々考えることが多くなりました。私にとって残された時間はそう多くないのではないかとも考えました。であるならば、もう一度挑戦してみようと思ったのです」と現在の心境を明かしている。

 その上で「ひとりぼっちからのスタートですが、この様な決断をした私に対してじむしょは快く背中を押してくださいました。私は事務所を巣立ち、新たな道を歩んでいくことになりますが、こんな大変な世の中だからこそ、誰かの笑顔のため、目に見えない思いのタスキリレーをさせて頂ければと思います」と決意。最後は「心照らす光を放って、愛の花に夢を振りまきながら…これからもどうぞよろしくお願い致します」と、自身の代表曲「碧いうさぎ」の歌詞になぞらえ、呼びかけている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ