プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“20歳の年の差夫婦”と“ポジティブすぎる夫” リアルな漫画で描くそれぞれの「夫婦愛のカタチ」

「ただ好きだからって理由じゃダメなのかな?」年の差夫婦の抱える悩み(画像提供:@yuki_zo_08)の画像

「ただ好きだからって理由じゃダメなのかな?」年の差夫婦の抱える悩み(画像提供:@yuki_zo_08)

 夫婦には様々なカタチがあり、幸せに感じる部分も人によってそれぞれ異なるもの。インスタグラムでも、自分たちの“夫婦愛”を漫画で描き、話題を集めている2つのアカウントがある。1つ目は、20歳年上の男性と結婚した“年の差夫婦”であるゆき蔵さん(@yuki_zo_08)。年の差を打ち明けたときの周囲の反応や、話のネタにされる悲しさ、そして、場の空気を壊さないように調子を合わせてしまう自分自身への後悔の思いなどをリアルに綴っている。漫画には、「共感しながら読んだ」「人の年齢を聞いて、何になるんだって話ですよ」「わかってても、言われると傷つきますよね」などさまざまなコメントが。なぜこういった漫画を描こうと思ったのか、話を聞いた。

【漫画】「ご主人何歳だっけ?」会うたびに尋ねられ「私は無理」と言われ…”年の差夫婦”の苦悩

■年の差が”障害”になったとき「身を任せられるほどの相手なのか」が重要

 ゆき蔵さんの漫画には、年の差を毎回話のネタにされたり、意見を聞かれていないのに「私には無理」などと見当違いの答えが返ってきたりといったさまざまな体験が描かれているが、年の差を“ネタ扱い”されたときは、とても悲しい気持ちになったという。

「興味を持って聞かれるのはいいのですが、会うたびに『何歳になった?』と聞かれ、ネタとして笑われるのは、やはりいい気分ではありませんでした。周りからしたらイイ年のオジさんでも、私にとっては最愛の夫なので…」

 好奇心が旺盛でフットワークが軽く、20~70代までの友達がいる交友関係の広さを持つという夫の性格のおかげで、20歳の年の差を感じることはほとんどないそう。とはいえ、「年の差夫婦でよかった!」と思ったことはないと語る。

「できることなら共に老いていきたいし、金婚式だって迎えたいです。年の差なんてない方がいいとさえ思っています。でも、年齢と共に角が取れ、丸い性格になった今の夫だから好きになりました。若い頃に出会っていても、好きにならなかったことでしょう…。年の差を乗り越えられるほどの人に出会えたことに、意味があると思っています」

 子どもだったり、両親からの理解だったり、年の差が原因で諦めなくてはいけないことも多々あった。その度に人生の別れ道に立たされて悩み苦しんできたが、最後にいつもたどり着く結論は「夫と一緒にいたい」という思いだったとゆき蔵さんは振り返る。

「同世代なら悩まなくていいことでも、年の差があると障害になります。そのときに、欲張らず彼との人生に身を任せられるほどの相手なのかが、年の差恋愛を貫くには必要だと伝えたいです。これからも同じ悩みを抱える人達に寄り添えるような発信をしていければと思っています」

■“感謝の言葉”や“褒め言葉”を伝え合う いつまでもいい夫婦関係を築いていくポイント

 2つ目は、家族との日常を漫画で発信し、なかでもポジティブすぎる(?)夫との微笑ましくほっこりとする会話を記録したエピソードが話題を集めているクリエイターのチリツモルさん(@pasumondo)。

 ある朝、「オレ今日さ…浜辺美波ちゃんに言い寄られる夢みちゃった…」と夫に告白された。「ひどい…私と息子という家族がありながら…!! なんて罪な人…」とチリツモルさんが話に乗ると、「案ずるな、ちゃんと断ったから!」「チリちゃんも、ジャスティン・ビーバーに『ヨリを戻して』って懇願されたんでしょう?」と今度はチリツモルさんが責められる展開に。「【注意】ジャスティン・ビーバーにヨリを戻してと懇願されたのは夢の話です」「#暇な夫婦の茶番」として投稿されたこのエピソードには、3.5万ものいいねが集まった。

 チリツモルさん自身は基本的にネガティブな性格のため、ポジティブな夫に引っ張ってもらっているという。意見もしっかりと受け止めてくれて、「この人でなければ自分はきっとダメだっただろうな」と感じることも多く、“とても尊敬できる存在”であるそう。

 夫がずっと食べたがっていたバターチキンカレーのレトルトを皿に盛ろうとして床にこぼしてしまったときにも、夫はチリツモルさんを一切責めずに「めっちゃいいにおい!」と一言。そして、袋に少しだけ残っていたルーをご飯にかけて「めっっちゃうまー!」と食べ始めたという。“思いやり”や“優しさ”に溢れたエピソードだが、こういったいい夫婦関係を築いていく上では、お互いの気持ちをきちんと言葉にして伝え合うことを大事にしているという。

「夫はよく私のことを褒めてくれるんです。私はネガティブなので、『自分なんかが…』とすぐ考えてしまうのですが、『チリちゃんは自慢の奥さん』とよく言ってくれます。口に出して、態度にも出して、私が私でいいのだと気づかせてくれるんです。だからこそ、私も夫に対して感謝したり尊敬したりするところを、気づいたときにその都度伝えるようにしています」

 1月には次男が産まれ、ますます賑やかな家庭になってきた。だからこそ、「成長した子どもと夫のエピソードをこれからも描いていきたい」とチリツモルさんは言う。

「あと、もう少し余裕が出てきたら、フォロワーさんから頂いた面白いエピソードなども漫画にして投稿してみたいです。フォロワーさんには『いつも私の漫画を読んでくださってありがとうございます』と伝えたいです。自分の描いたものが誰かの笑顔を作れていたら最高です。生きがいになっています。これからも楽しみながら見ていただけると嬉しいです」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ