プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ローラ、日本のテレビから“消えた”ワケ 絶頂期→LA移住の真相告白

『日曜日の初耳学』に出演するローラ(C)MBSの画像

『日曜日の初耳学』に出演するローラ(C)MBS

 モデルのローラが、5月2日放送のMBS/TBS系バラエティー『日曜日の初耳学』(毎週日曜 後10:25)に出演する。

【写真】広すぎ…LAの自宅で「料亭」並みの料理を披露したローラ

 インスタグラムのフォロワー数が650万人を超え、日本を飛び出し、現在はアメリカ・ロサンゼルスを拠点に、CMやアンバサダーとして活躍しているローラ。対談コーナー「インタビュアー林修」に登場し、自らのルーツや、これまでテレビで語られることのなかった笑顔に隠された壮絶な過去、そして気になる現在の仕事や生活を赤裸々に語る。

 生まれてすぐにバングラデシュに渡り、6歳で帰国し、日本の小学校に入学した。当初は日本語が理解できず、人とコミュニケーションをとる事ができなかったといい、当時の過酷な日々を告白。そんな状況の中に、ローラがよく口にするあのフレーズのルーツが明らかとなる。

 その後、雑誌『ViVI』の専属モデルとしてデビューし、2010年にバラエティー番組に進出し大ブレイクを果たした。2015年に年間300本のテレビ出演をこなしていた絶頂期に、突如、ロサンゼルスへ移住し、日本のテレビから姿を消したローラ。彼女を決断させた“人生を劇的に変える”ある出来事とは…。

 さらに、バングラデシュの大自然の中で育った原体験を持つローラが、今、起業家として取り組んでいるのが“環境”に対する試み。ファッションで環境を変えられないかと一念発起し、自らベトナムに飛び、大手ジーンズメーカーと交渉を重ね作り上げたという“エコなデニム”を紹介する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ