プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“家つい”でも話題のイノマーさんラジオ特番、ギャラクシー賞・奨励賞に

オナニーマシーンのイノマーさんの画像

オナニーマシーンのイノマーさん

 TOKYO FMの特別番組『ステージ4でステージに勃つ~イノマーと青春パンクロック~』(2月28日 深2:00)が、放送批評懇談会が選定する第58回(2020年度)ギャラクシー賞・ラジオ部門の奨励賞に輝いた。

【写真】峯田和伸、綾小路翔らイノマーさんの盟友が出演

 1月6日に放送されたテレビ東京系『家、ついて行ってイイですか』で、壮絶ながん闘病と最期までステージに立ち続けた姿が話題を呼んだミュージシャン・イノマーさん(享年53)。ラジオ特番は、音楽誌の“編集者”でもあったイノマーさんがバンドシーンに遺したものを解き明かす内容で、親交の深かったお笑い芸人・江頭2:50がナレーションに初挑戦した。

 「もしイノマーさんがいなかったら…」。イノマーさんが編集者時代に見出した多数のバンドマンはその後インディーズシーンを飛び出し、約20年の歳月を経て今なお高い人気を誇るアイコンとなった。イノマーさんとともに音楽シーンを歩み、亡くなる直前まで親交が続いた峯田和伸(銀杏BOYZ)、綾小路翔(氣志團)、サンボマスター、コザック前田(ガガガSP)、ガンガン&オノチン、そして2019年10月のライブに観客として参加していた同局系『SCHOOL OF LOCK!』のさかた校長(サンシャイン・坂田光)が、それぞれの視点からイノマーさんとのエピソードやバンドの功績を語っていった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ