プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

博多華丸、変わらぬ福岡愛 ローカル番組2本スタートも気負わず「プライベート感が出ている」

博多華丸 (C)ORICON NewS inc.の画像

博多華丸 (C)ORICON NewS inc.

 「福岡に帰ると、よく『染まったんじゃないと?』って言われることがあって、僕は染まっていないけど、染まった人間もいるだろうということで、福岡出身で東京在住の人に『染まったんじゃなかと?』って言いに行くという、タイトル通りの番組です(笑)」。言葉の主は、お笑いコンビの博多華丸・大吉の博多華丸だ。地元・RKB毎日放送の創立70周年を記念して、4月30日深夜から新番組『華丸の「先生!染まりんしゃったね。」』(毎週金曜 深0:20)をスタートさせるが、タイトルを自ら決めるなど、脱力したテイストながら力の入った取り組みをしており、スタッフからも「台本もほとんどなくて、東京のスタッフが作っていますが、東京の作り方じゃなくて、華丸さんのやり方です」と感嘆の声が上がる。

【番組カット】『染まりんしゃったね。』初回ゲストは博多大吉

 『染まりんしゃったね。』は、東京に“染まっていない”と自負する華丸が、福岡から上京して染まってしまった芸能人や一般人を調査したり、福岡の人に見てもらいたい東京や今、やってみたい事を実践。初回ゲストには、相方の博多大吉を迎え「2人きりの東京ドライブ」と題して、渋谷から東京タワーを目指す。福岡出身の大先輩であるタモリの『タモリ倶楽部』を思わせるような、ゆるーいテイストの初回放送となったが、華丸は収録を振り返り「2人きりでドライブするなんて、ほぼないです。まぁー悪くないと思いました(笑)。プライベート感が出ているんじゃないですかね」と声を弾ませる。

 「大吉さんは染まっていましたか?」と向けると、こちらを見つめて「それがねー意外となかったですね。どうやら、そんなに染まってないですね」とにっこり。声の明るさからも、のびのびと番組に取り組んでいる様子が伝わってくる。「RKBということもあって、気が楽というか、かしこまりこそしないですね(笑)。それは東京とは違うでしょう。これがTBSって言われたら、やっぱり言葉を選ぶし(笑)。そこがこの番組の良さだなと感じますね。東京でやる場合は、やっぱり伝えてなんぼなので、空気を読みながらっていうのもありますけど、この番組は、空気を読まなくても大丈夫。放送後に『TVer』でも配信されるようなので、全国でも見られますが、ディープな福岡トークをしていこうと思っています。わからない単語などは、各自で調べていただいて(笑)」。

 東京で“朝の顔”として活躍している華丸だが、当然ながら今でも福岡への愛は強い。「福岡でのコロナの感染者数は常に見ていますし、いろいろなニュースは見ています。こういう世の中になってしまいましたが、今回の番組で、視聴者のみなさんが、深夜くらいは現実を忘れてくれたらうれしいですね」。それゆえ、福岡での声には敏感になっている。「『アイツ、東京の傘の下で威張っとらん?』とか思われてないですかね…。それがもう怖いですね。だから、今回の『染まりんしゃったね。』というタイトルも歩み寄っているんですよ。一番気にしていますから、福岡での評判は(笑)」。

 24日からは、RKBラジオで『華結び』(毎週土曜 後0:30)もスタート。「(相方の大吉が毎週出演している)『たまむすび』にかけたというより、憧れですね(笑)。だから、出てくれるアシスタントの女の子には赤江珠緒さんのようになってもらいたいという願いはあります」と白い歯を見せる。「東京と福岡を結ぶというコンセプトですが、僕が橋渡しという役割をしながらも、東京にいたら入ってこない福岡の情報を僕も知っていくということになります。デーゲームの前のお昼時の放送なので、ご飯を食べながら、お耳を貸していただきたいですね。テレビの方は、僕の目線を通しての東京を紹介するというテイストですね。福岡県民が東京で過ごしている姿をお見せできたらいいなと。博多華丸ではなくて、素の岡崎光輝(華丸の本名)をお楽しみください」。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ