プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

美 少年・浮所飛貴、白石聖の“キュンキュン”サプライズにガチ動揺「誰!?」

サプライズに慌てる美 少年の浮所飛貴 (C)ORICON NewS inc.の画像

サプライズに慌てる美 少年の浮所飛貴 (C)ORICON NewS inc.

 ジャニーズJr.の人気グループ・美 少年の浮所飛貴(19)が29日、都内で行われた映画『胸が鳴るのは君のせい』完成報告イベント(6月4日公開)に登壇した。イベントの最後には、タイトルにちなみ、会場に用意されたハートをあしらった“鐘”を浮所が鳴らすことに。「この映画を観ることで全国のみなさんの胸が鳴りますように~!」と鳴らすと、鐘から「キュンキュン」という声が。なにも知らなかった浮所は「まって、なになになに!? えっ、「キュンキュン」ってなる鐘は初めて。『チーン』じゃないの?」と本気の動揺ぶりをみせた。

【写真】かわいく指ハートを見せる美 少年の浮所飛貴

 「もう一回聞いていいですか? 誰!? 監督さん!?」と何度も鳴らして確認する浮所のピュアな反応に、一同笑いがもれるなか、ヒロインを演じた白石聖(22)が「別現場にスタッフさんがいらっしゃって『キュン』って声をくださいって。こんなかわいらしく編集してもらえるとは。自分との声とが思えない」とネタばらし。「結構、誰の声かわかなかった。わざわざ録ってくれてありがとう」と驚く浮所に、白石は「いろんなバージョンをとってもらった。『キューン』バージョンとか…(笑)」と振り返った。

 今作は累計発行部数250万部突破の紺野りさ氏による名作少女コミック(小学館『ベツコミ フラワーコミックス』刊)を実写化。転校生の有馬隼人(浮所)と、有馬を想い続ける篠原つかさ(白石)が繰り広げる、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

 完成作品について白石は「精一杯を尽くしたつもりではあったんですけど、私もつかさに寄り添えてたかなと、楽しみ半分・不安半分だったんですけど…。演じているのは自分自身なんですけどいい意味で、客観視できた。(有馬に)振られるシーンがショックだな、って。自分ながら共感できるな、と。最初から最後まで楽しむことができた。ひとり感慨深くなりました」と達成感をにじませる。

 一方、ヒロインをときめかせるイケメン役として多彩な胸キュンシーンにも挑戦した浮所は「撮影している時はキュンキュンしてくれるかな、と不安だったんですけど、観て、ちゃんとキュンキュンできるポイントがあったんじゃないかな、と。片思いしてる方を 後押しができる作品になればいいな。キュンキュンさせるポイントはキュンキュンさせた自信があります! 期待していてください!」と力を込めた。

 イベントではこのほか、板垣瑞生(20)、原菜乃華(17)、高橋洋人監督が参加し、メインキャスト4人が選ぶ“胸が鳴った”シーンを鑑賞することに。浮所は、有馬がつかさが皿洗いをする間に、後ろから髪を束ねてあげる場面を挙げ、「くぅ~! ここです! 照れるじゃん!」と恥ずかしそうにしつつ、「僕はここイチオシです。漫画にない映画オリジナルのシーン」と紹介した。

 選んだ理由について「女性の髪の毛を触ることは、なかなか経験がないこと。普段しないと思うんです。距離の近さと髪に触れられるというなんとも言えないキュンキュンさがすき」と説明すると、白石は「見えないから『え、今どういう状況?』ってなるけど、シュシュが落ちて、普通なら代わってお皿を洗うのを、有馬は髪を束ねててあげるから、そのうちに洗いなってなかなかない。手から優しさが伝わってきた」と感想を明かした。なお、4人がセレクトしたシーンはこの後、公式YouTubeにて公開予定となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ