プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

古川琴音、CMでテレビの前の“あるある”を連発

動画配信サービス「Paravi」新CMでテレビの前の“あるある”を連発する古川琴音 (C)Paraviの画像

動画配信サービス「Paravi」新CMでテレビの前の“あるある”を連発する古川琴音 (C)Paravi

 女優の古川琴音が、きょう29日より放送の動画配信サービス「Paravi」の新CM3篇に出演。仲の良い会社の先輩の家に何かと理由をつけて入り浸る後輩社員をコミカルに演じている。撮影では、古川と共演した先輩役の辻凪子とアドリブ連発の掛け合いを見せたそう。Paravi公式YouTubeでは、古川のインタビューを収録したメイキング映像も公開している。

【動画】Paravi新CM&メイキング

 3遍のCMのストーリーは次のとおり。「Paravi ドラマの欲求、満たします。篇」は、先輩の家で飲みながらドラマを見ている2人。今週も良いところで終わってしまい…。「Paravi もっとバラエティ楽しみたいやん。篇」は、東京出身の後輩だが、最近よく言ってしまう言葉があって…。「Paravi テレビじゃ推し足りないアナタに。篇」は、会社帰り、“推し”が出演するテレビを見るために半休をとった先輩の家に行くと…。いずれもテレビを見ながら出てくる話題やつい口にしてしまう言葉など、日常の“あるある”が満載のCMになっている。

 古川は、2018年に女優デビュー。19年に映画『十二人の死にたい子どもたち』でメインキャストの一人であるミツエを演じ、注目を浴びる。20年、『エール』でNHK連続テレビ小説に初出演。TBS火曜ドラマ『この恋あたためますか』に出演し、そのParaviオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』では主演を務めた。

 なお、この新CMからキャッチコピーが「テレビ、さらに、Paravi」に変わっている。「国内ドラマやバラエティ番組などテレビコンテンツの見逃し配信やアーカイブ配信、さらにはオリジナル作品や韓流コンテンツなどをParaviで楽しんでいただきたい」という思いを表現したものだという。

■Paraviゴールデンウィーク4週間無料キャンペーン
https://www.paravi.jp/static/4weeks_cp/

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ