プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

若松節朗監督『ななにー新しい別の窓』で稲垣吾郎とトーク「ごろうちゃんステキだなと思いました」

ABEMA『7.2 新しい別の窓#38』(5月2日放送)で稲垣吾郎(左)と若松節朗監督がトークの画像

ABEMA『7.2 新しい別の窓#38』(5月2日放送)で稲垣吾郎(左)と若松節朗監督がトーク

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人によるABEMAレギュラー番組『7.2 新しい別の窓#38』(5月2日 後3:00~10:12)に、映画監督の若松節朗氏が出演することが決定した。

【動画】“スーパーマウスホーン”に挑戦した香取慎吾

 若松監督が出演するのは、“大の映画好き”であり自身も数々の映画に出演している稲垣が、映画監督や作家をゲストに迎えトークを展開する「インテリゴロウ」。第44回日本アカデミー賞で監督賞、助演男優賞、撮影賞、照明賞、美術賞、録音賞の最多6部門で最優秀賞受賞を果たした映画『Fukushima 50』の制作秘話や、この作品を通して若松監督が伝えたかった想いを語りつくすほか、若松氏が視聴者からSNSで寄せられた質問にも答えていく。

 若松監督は、稲垣との対談について「久しぶりにすごく楽しい取材でした。稲垣さん聞き上手なんですね。初対面で、しかもスーパーアイドルの人に会うということだったので、どう対応すればいいか自分なりに構えてましたが、非常に人懐っこいというか。ごろうちゃんステキだなと思いました。僕も予想だにしない展開で、台本なんて関係なく話せました(笑)」と感想を語っている。

 今回はそのほか、落語家の立川志らくも出演。稲垣・草なぎ・香取と“本音”でトークを交わす「ホンネトーク」で、近況やこれまでの活動、さらに3人の共演歴などさまざまなトークを展開する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ