プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『モータルコンバット』“フェイタリティ”シーン満載のレッドバンド版予告

映画『モータルコンバット』(6月18日公開)本ポスター (C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reservedの画像

映画『モータルコンバット』(6月18日公開)本ポスター (C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 世界で最も売れた格闘ゲームの一つで、激しすぎるバトルと相手にトドメを刺すシリーズ定番描写である“フェイタリティ”の残虐さを理由に、日本では現在未発売となっているゲームシリーズを映画化した『モータルコンバット』(6月18日公開)。その“フェイタリティ”シーンがふんだんに散りばめられたレッドバンド版予告(過激な暴力表現や言葉使いが含まれた予告)が解禁された。

【動画】映画『モータルコンバット』レッドバンド版予告

 本作には、『ラストサムライ』以降、数々のハリウッド作品に出演し続ける真田広之が超重要キャラクター<スコーピオン>役で出演。また、マーベル作品をはじめ、『ミッドウェイ』(19年)などハリウッド大作への作品が続く浅野忠信が、地球上の戦士たちの指南役<ライデン>を演じている。

 解禁されたレッドバンド版予告では、「モータルコンバット」シリーズの「ここぞ!」という超超超過激な《禁断の死闘》の数々を見ることができる。激しいデスバトルが観る者のテンションを引き上げること間違いなしだ。

 魔界の刺客であるサブ・ゼロ(ジョー・タスリム)が圧倒的なまでの力の差で米軍特殊部隊少佐であるジャックスの腕を氷漬けにして粉砕する、冒頭から超過激な残虐トドメ描写“フェイタリティ”で始まる。“選ばれし者”の一人であることを知ったコール・ヤング(ルイス・タン)は、米軍特殊部隊所属の女性戦士であるソニア・ブレイド(ジェシカ・マクナミー)、目からビームを放つ犯罪組織の傭兵であるカノウ(ジョシュ・ローソン)、炎を操るリュウ・カン(ルディ・リン)、鋼鉄の帽子で敵を切り裂くクン・ラオ(マックス・ファン)、そしてジャックス(メッカド・ブルックス)ら地球の戦士たち、彼らの指南役であるライデン(浅野忠信)の力も借りながら、太古より繰り広げられてきた世界の命運を懸けた格闘トーナメント“モータルコンバット”に身を投じていく。

 また、伝説の忍者で歴代最強の戦士であるハサシ・ハンゾウ(真田広之)が、ヒモの先にクナイをついた武器を巧みに駆使し、命を狙う黒装束の暗殺者の頭や心臓を突き刺す、情け容赦ない“フェイタリティ”を披露する場面も収められている。さらに映像の後半では、魔界の皇帝であるシャン・ツン(チン・ハン)によって人間界に送り込まれたミレーナ(シシィ・ストリンガー)、4本腕のゴローといった一癖も二癖もある魔界のキャラクターたちも次々に登場し、《禁断の死闘》が繰り広げられていく。

 極め付きに、映像の終盤では、我らが真田演じるスコーピオンと宿敵サブ・ゼロによる熾烈なデスバトルが繰り広げられる。氷で生成した剣でスコーピオンの腕を切り裂いたかと思うと、飛び散るその生血を凍らせた血の剣で突き刺すという、サブ・ゼロの残虐かつ狡猾な技がさく裂! そしてラストには、魔界の皇帝であるシャン・ツンの「とどめを刺せ!」というせりふを皮切りに、頭や心臓を一刺しする各キャラクターの残虐なトドメ描写“フェイタリティ”シーンが怒とうのごとく5連発。予告映像では見せきれない、いや見せられない! 情け容赦なき戦いのすべては劇場で!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ