プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ふかわりょうの所属事務所、賠償命令受け謝罪 本人も「共演者を傷つけてしまい反省」

ふかわりょう (C)ORICON NewS inc.の画像

ふかわりょう (C)ORICON NewS inc.

 共演したトークイベントで無理やりキスされたとして、タレントの岡本夏生(55)が、ふかわりょう(46)に損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁は27日、ふかわに1円の賠償を命じる判決を言い渡した。これを受け、ふかわの所属事務所が28日、公式サイトで謝罪コメントを発表した。

【写真】東野幸治とトークを繰り広げるふかわりょう

 事務所は「岡本夏生氏と弊社所属のふかわりょうは、平成28年4月に行われたイベントにおけるやり取りや、両者の認識の相違を巡って、平成28年10月に双方より刑事告訴し、いずれの告訴事件とも不起訴処分となりました」とし、「更に岡本氏より検察審査会に対して不服申し立てが行われ、平成31年4月10日、不起訴処分相当とする議決がなされました」と説明した。

 「その後、平成31年4月に岡本氏よりふかわりょうに対して民事訴訟が提起され、令和3年4月27日に、岡本氏のふかわりょうに対する1円の損害賠償請求が認められ、岡本氏のふかわりょうに対する謝罪文の掲載請求等は棄却する旨の判決が言い渡されました」とこれまでの経緯をつづった。

 「上記のイベント内で、舞台上で双方が激しく意見を言い合うというやり取りの末、ふかわりょうが岡本氏に対してキスを行ったことは事実です」と認め、「ふかわ本人としても場を和ませたい一心で、共演者を傷つけてしまったことについて反省しております。今回の判決内容についても真摯に受け止め、対応する所存です」とコメントしている。

 「皆さまに楽しんで頂けるエンターテインメントをお届けすべく、ふかわりょう共々邁進いたします。ファンの皆さま、関係者の皆さまにご迷惑をお掛けしたことにつき、深くお詫び申し上げます」と謝罪。「今後ともふかわりょうへの変わらぬ応援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」としている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ