プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『キラリュウ』水石亜飛夢&岸田タツヤ、殺陣シーンのセルフ暴露大会開催「トイレを我慢」

『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』の公開直前舞台あいさつに参加した(左から)水石亜飛夢、岸田タツヤ(C)ORICON NewS inc.の画像

『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』の公開直前舞台あいさつに参加した(左から)水石亜飛夢、岸田タツヤ(C)ORICON NewS inc.

 『魔進戦隊キラメイジャー』でキラメイブルー/押切時雨役を演じた水石亜飛夢、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』でリュウソウブラック/バンバ役を演じた岸田タツヤが27日、都内で行われたVシネクスト『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』(29日から期間限定上映、一部地域では上映延期)の公開直前舞台あいさつに参加した。

【動画】キラメイジャー&リュウソウジャー集結!爆笑エピソード披露

 坂本浩一監督ならではのアクションシーンも本作の見どころに。水石と岸田は殺陣シーンを披露している。水石は「キラメイジャーは作品的に素面アクションが少なかった。今回の劇場版は一番、アクションをさせていただいたのかな」と振り返る。テレビシリーズでも坂本組の撮影でははだけるシーンが多かった岸田は「坂本組は1話にひと乳首」とぶっちゃけながら「そういう意味では、ひと乳首してます」とニヤリとした。

 すると、水石は「僕は殿(との)っぽいキレイな立ち回りを心がけたんですけど、実は1日中、トイレを我慢しながら殺陣をやっていた。これから観ていただく皆様には『押切時雨、おトイレを我慢しているんだ』と思ってもらいながら観てほしいな」とキラメイジャーの“笑い”担当として自身のネタをセルフ暴露し、周囲を困惑させていた。

 笑わせながらも殺陣シーンは迫力のあるものに仕上がったそう。岸田は「亜飛夢くんはキレイなのに、バンバは真っ黒で砂もスゴかった…。体張っているんですよ! そこは見ていただきたい」とアピールしていた。

 1996年にVシネマ『超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー』からスタートした新旧戦隊が共闘するスーパー戦隊作品の「VS」シリーズ。本作で27作目となる。『魔進戦隊キラメイジャー』と『騎士竜戦隊リュソウジャー』が、バラエティー豊かな映画の世界で超バトルを繰り広げ、敵幹部のヨドンナがプロデューサーを務めるというまさかのストーリー構成に。さらに、VSシリーズならではのスーパー戦士同士のマッチアップや、 テレビシリーズでは見られなかったキャストたちの扮装(コスプレ?)&活躍は必見。

 キラメンタルをさらに輝かせるキラメイジャー、騎士の使命を果たすために再び剣を手にするリュウソウジャー。2大スーパー戦隊の心がひとつになったとき、だれも見たことのない“奇跡の力”が発動。集結した12人の戦士の新たな魅力で彩られる、1度限りのスーパー戦隊エンターテインメント・ムービーが、開幕となる。

 舞台あいさつには、小宮璃央、木原瑠生、新條由芽、工藤美桜、庄司浩平、一ノ瀬颯、綱啓永、尾碕真花、小原唯和、兵頭功海も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ