プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

工藤美桜、合気道アクションを振り返る 尾碕真花は特攻服姿に自画自賛「素行が悪い役が多い(笑)」

『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』の公開直前舞台あいさつに参加した(左から)工藤美桜、尾碕真花 (C)ORICON NewS inc.の画像

『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』の公開直前舞台あいさつに参加した(左から)工藤美桜、尾碕真花 (C)ORICON NewS inc.

 『魔進戦隊キラメイジャー』でキラメイピンク/大治小夜を演じた工藤美桜、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』でリュウソウピンク/アスナを演じた尾碕真花が27日、都内で行われたVシネクスト『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』(29日から期間限定上映、一部地域では上映延期)の公開直前舞台あいさつに参加した。

【動画】キラメイジャー&リュウソウジャー集結!爆笑エピソード披露

 テレビシリーズよりも派手に行っているアクションを振り返った尾碕は「『リュウソウジャー』はもともとパワーで押すアクションが多い。美桜ちゃんのアクションは小夜のキャラクター(合気道の達人)を生かしているから、受け流したりするアクションが多くて難しそうだった」と明かす。

 工藤は「『キラメイ』の撮影でも合気道の動きは細かいから難しいなって思ったんですけど、アスナちゃんは、めちゃくちゃアクションがお上手でパワフル。モニター前で研究させていただきました」とにっこり。するとリュウソウブラック/バンバ役の岸田タツヤは「本編でアクションできなくて泣いていたアスナがね…。成長したね」としみじみ。尾碕は「よかったです。本編はできなくて悔しくて泣いちゃったんですけど今回の『VS』では私の中の集大成というぐらい、今までで一番うまくアクションができた」と喜んだ。

 また、テレビシリーズでは見られなかったキャストたちの扮装(コスプレ?)も見どころとなっている。工藤と尾碕は特攻服姿を披露している。2人は「楽しかったです」と同調。尾碕は「もともと特攻服とか着てみたかった。別の作品でも柄や素行が悪い役が多い(笑)。スタッフさんからも『アスナより似合ってる』と言われた」と苦笑い。岸田は「俺らからすると素の真花が見られたかな」とニヤリとし、尾碕は「今の発言、事務所NGです」と笑っていた。

 1996年にVシネマ『超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー』からスタートした新旧戦隊が共闘するスーパー戦隊作品の「VS」シリーズ。本作で27作目となる。『魔進戦隊キラメイジャー』と『騎士竜戦隊リュソウジャー』が、バラエティー豊かな映画の世界で超バトルを繰り広げ、敵幹部のヨドンナがプロデューサーを務めるというまさかのストーリー構成に。さらに、VSシリーズならではのスーパー戦士同士のマッチアップや、 テレビシリーズでは見られなかったキャストたちの扮装(コスプレ?)&活躍は必見。

 キラメンタルをさらに輝かせるキラメイジャー、騎士の使命を果たすために再び剣を手にするリュウソウジャー。2大スーパー戦隊の心がひとつになったとき、だれも見たことのない“奇跡の力”が発動。集結した12人の戦士の新たな魅力で彩られる、1度限りのスーパー戦隊エンターテインメント・ムービーが、開幕となる。

 舞台あいさつには、小宮璃央、木原瑠生、新條由芽、水石亜飛夢、庄司浩平、一ノ瀬颯、綱啓永、小原唯和、兵頭功海も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ