プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ファンタシースターオンライン』20周年記念コンサート開催 蒼井翔太、桃井はるこら 【レポート】

『ファンタシースターオンライン』シリーズ20周年記念コンサート「シンパシー2021」の画像

『ファンタシースターオンライン』シリーズ20周年記念コンサート「シンパシー2021」

 『ファンタシースターオンライン』(以下、『PSO』)シリーズ20周年を記念したオーケストラコンサート「シンパシー2021」が24日、開催され、公式レポートが到着した。シリーズのオーケストラコンサートで指揮を務めてきた天野正道氏、演奏に東京フィルハーモニー交響楽団を迎え、ナビゲーターを『PSO2』ハリエット役/シバ役の潘めぐみが務めた。

【写真】『PSO』シリーズ20周年記念コンサートの様子

 第1部のオーケストラパートは、ネットワークRPGの幕開けを彩った『PSO』から『ファンタシースターユニバース』にかけての3 曲でスタート。アニメ『PSO2 ジ・アニメーション』のテーマ曲では、荘厳なオーケストラ演奏とデジタルなビートの疾走感が重なり合い、会場を盛り上げた。

 第2部ライブパートでは雰囲気が一変し、ゲーム内のボーカル曲をラインアップ。トップバッターはアニメ『 PSO2 ジ・アニメーション』で主人公・橘イツキを演じた蒼井翔太で、『Infinitepotential』と『光の明日 POTENTIAL ABILITY ~』を歌い上げた。続いて、桃井はるこが元気いっぱいにステージを駆け回りながら『レアドロ☆ KOI ☆恋!』を歌い、会場は一気にお祭りムードになった。

 第3部では再びオーケストラパートへ。『PSO2』エピソード4 のボス戦BGM『Eden』、エピソード5のボス戦BGM『DINATIS Q VECIS & Over the Universe Medley』では、花れんのスケール感のある歌声と、スクリーンに映し出されるボス戦のプレイシーンが渾然一体となり、緊迫感あふれる決戦の場面へと引き込んだ。

 出演者は蒼井翔太、有坂美香、エイミー・ブラックシュレガー、花れん、フローレンス・マックネアー、光吉猛修、桃井はるこ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ