プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

アニメ『プラチナエンド』追加キャストに森川智之&茅野愛衣

テレビアニメ『プラチナエンド』のキャラビジュアル (C)大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会の画像

テレビアニメ『プラチナエンド』のキャラビジュアル (C)大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会

 今秋にTBSなどで放送がスタートするテレビアニメ『プラチナエンド』の追加キャストが発表された。六階堂七斗役を森川智之、バレ役を茅野愛衣が担当する。

【写真】追加キャストの森川智之&茅野愛衣

 森川は「神候補の一人でもある彼は、重い足枷を持った人物です。自身を取り巻く複雑な設定と世界観は魅力的で、とても演じがいのあるキャラクターだなと思っております。ファンの皆さんに「プラチナエンド」の魅力を最大限に表現できたらいいなと思います」、茅野は「バレ役に決まりましたと連絡を頂いてから、原作をドキドキしながら読み進めております…登場人物達それぞれの葛藤が深く描かれていて、すぐに物語に入り込んでしまいました。アニメではいったいこの世界がどのように描かれるのか、今から楽しみです。バレとして六階堂さんに寄り添い、大切に演じていきたいと思います」とコメントを寄せた。

 同作は、2015年11月~2021年1月まで『ジャンプSQ.』(集英社)で約5年間連載されていた漫画が原作で「天使」「神」「翼」「矢」をキーワードに展開されていく、壮大なダークストーリー。人気漫画『DEATH NOTE』(デスノート)と『バクマン。』を世に送り出した、作者・大場つぐみ氏と小畑健氏のタッグが手掛けた作品で、コミックスは世界累計発行部数450万部を突破している。

 物語は、幼いころに事故で家族を失い、引き取られた親戚から虐待を受けて育った架橋明日(かけはしミライ)が主人公で、人生に絶望した明日は中学校を卒業した日に自殺を図るも、謎の天使ナッセに命を救われる。同時に、誰よりも早く好きな場所へ行ける能力「天使の翼」、33日間人を魅了することのできる能力「赤の矢」、百発百中で人を死なせる能力「白の矢」を授けられる。天使の力で親戚の呪縛から逃れ、生きる気力を取り戻した明日だったが、「同様に力を与えられた13人の候補の中から神を決める」と告げられ、天使たちによる”神候補選び”に巻き込まれていくストーリー。

■キャスト
架橋明日:入野自由
ナッセ:小倉唯
花籠咲:M・A・O
ルベル:花江夏樹
六階堂七斗:森川智之
バレ:茅野愛衣

■スタッフ
原作:大場つぐみ・小畑健(集英社 ジャンプコミックス刊)
監督:髙橋秀弥 
キャラクターデザイン:大舘康二
シリーズ構成:猪爪慎一
美術:草薙(KUSANAGI)
CGIディレクター:池田正憲(デジタル・フロンティア)
音響監督:濱野高年
音響制作:マジックカプセル
アニメーション制作:シグナル・エムディ

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ