プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ドリフ版「バカ殿様」が『ドリフ大爆笑』放送終了後初の地上波放送 家老はいかりや長介さん

若かりし頃の志村けんさんが披露したドリフ版の「バカ殿様」 (C)フジテレビの画像

若かりし頃の志村けんさんが披露したドリフ版の「バカ殿様」 (C)フジテレビ

 フジテレビでは、5月3日~9日を「クセバラWEEK」と題し、ゴールデン・プライムタイムにひとクセもふたクセもあるバラエティー番組を放送する(対象番組は、下記“対象番組”に記載)。その対象番組で、志村けんさん、ザ・ドリフターズのコントを放送する『ドリフ大爆笑2021』。スペシャル番組として、志村さんとザ・ドリフターズによるさまざまなコントを放送してきたが今回の『ドリフ大爆笑2021』では、『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系/1977年~1998年)内の、いちコントとして披露されていたドリフ版の「バカ殿様」を蔵出しすることが決定した。『ドリフ大爆笑』放送終了後、ドリフ版の「バカ殿様」を地上波でお送りするのは今回が初めてとなる。

【写真】『ドリフ大爆笑』コント「母ちゃん」でのドリフメンバー

 『志村けんのバカ殿様』は、志村けんさんが志村藩のバカ殿に扮し、城内や城下で起こるさまざまな出来事をコント仕立てで描く国民的コント番組。『志村けんのバカ殿様』が初めて放送されたのは1986年4月28日だったが、今回放送するドリフ版の「バカ殿様」はそれ以前の1981年10月13日に放送されたもの。バカ殿様は、『ドリフ大爆笑』内のコントキャラクターとして放送初期から『志村けんのバカ殿様』がスタートするまで登場し、日本中のお茶の間で人気を集めていた。

 バカ殿様にとってなくてはならない存在が、バカ殿様に最も長く仕えながら、バカ殿様に最も翻弄(ほんろう)されてしまう家老。『志村けんのバカ殿様』では、スタートから1988年まで東八郎さんが、1989年から2020年まで桑野信義が家老役に扮(ふん)したが、ドリフ版「バカ殿様」で家老に扮(ふん)するのは、いかりや長介さん。家老として、志村さん扮(ふん)するバカ殿様の予想外かつ型破りな言動に振り回されながら、爆笑のやり取りを見せていく。さらに、今回の『ドリフ大爆笑2021』でお送りするドリフ版「バカ殿様」では、仲本工事が家来役に、由紀さおりと榊原郁恵が腰元役に扮(ふん)して登場する。バカ殿様の原点がココにありという超貴重なドリフ版「バカ殿様」は必見だ。

 また、今回も『ドリフ大爆笑』『志村けんのバカ殿様』『志村けんのだいじょうぶだぁ』での珠玉のコントを蔵出し。いかりやさんが母親役に扮(ふん)し、他のザ・ドリフターズの4人が、その子どもに扮(ふん)する『ドリフ大爆笑』の名物コント「母ちゃん」や、『ドリフ大爆笑』恒例の「もしもシリーズ」、そして志村さんが扮(ふん)する「変なおじさん」に「ひとみばあさん」といった国民的コントキャラクターも登場する。さらに、いしのようこ、柄本明、研ナオコ、沢田研二、千鳥(※五十音順)といった豪華ゲストとの共演の、志村さんの定番コントもたっぷり放送する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ