プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

水木一郎、声帯不全麻痺の症状を告白「まずは治療に励みます」

水木一郎 (C)ORICON NewS inc.の画像

水木一郎 (C)ORICON NewS inc.

 歌手の水木一郎(73)が25日、自身のツイッターを更新。声帯不全麻痺の症状が出ていることを告白した。

【写真】声帯不全麻痺の症状を告白しながらもおなじみのポーズを見せる水木一郎

 この日、水木は『スーパーロボット魂2021 ~stage terra~』に出演していた。ツイッターで「本日はありがとうございました。今日のライブを見てくださった人にはお伝えしましたが、突然、声帯不全麻痺の症状に見舞われました」と告白。現在も検査を重ねているそうで「みんなにこれ以上迷惑をかけないためにも、まずは治療に励みます」と約束した。

 最後は「50年以上の歌手人生の中で初めてのこと」と打ち明けながらも「最善を尽くして頑張ります!」と復活を誓った。

 水木は1968年のデビューから、アニソン歌手のパイオニアとして業界をけん引。『マジンガーZ』や『コン・バトラーV』などの主題歌を、半世紀以上にわたって歌い続けている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ