プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

青木崇高、涙した保育園の先生からの“手紙”「エンタメは力がある」

映画『るろうに剣心』シリーズで相楽左之助を演じ続けた青木崇高 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『るろうに剣心』シリーズで相楽左之助を演じ続けた青木崇高 (C)ORICON NewS inc.

 2012年に映画『るろうに剣心』が公開されてから10年。佐藤健演じる緋村剣心の相棒として、常に側に寄り添ってきた相楽左之助を演じた青木崇高(41)は、『るろうに剣心』シリーズに参加したことで、エンターテインメントの持つ力を強く実感したという。メガホンをとった大友啓史監督、佐藤健は『るろうに剣心』シリーズよりも前の大河ドラマ『龍馬伝』(2010)からタッグを組む特別な存在。そんな青木が作品への思いを大いに語った。

【場面写真】相楽左之助を演じ続けた青木崇高

 2014年に公開された『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』以来となる、最新作『るろうに剣心 最終章 The Final』(4月23日公開)。青木は「前作が自分にとって、納得いくような形だったので、最終章の話をいただいたときには『また続きを描くんだ』という思いはありましたが、当然のことながら断る理由はまったくないので『ぜひ』と返事をさせていただきました」と率直な印象を語る。

 「断る理由がまったくない」という言葉には、『るろうに剣心』という作品への強い思いがある。

 青木は「俳優という仕事をやっていて、いろいろな作品に携わりましたが、こういう映画に一生に1本出会えれば幸せだと思います」と語ると「自分としては本格的なアクションは初めてで、パンチ一つ出すところから練習しました。そこからアクション監督の谷垣(健治)さんをはじめとしたチームとともに、それぞれがキャラクターを突き詰めていく時間というのはかけがえのないものでした」と役とともに自身も成長できる環境だったという。

 さらに青木は「大友監督と海外に行かせてもらったときも、反応がすごく良く、そこで得た反響によって肉体的な共通言語を提供しようと思えました。『るろうに剣心』のスタッフは、面白いことはどんどんやらせてくれる。しんどくて精神的に落ちそうなときも、現場の壁や装飾品を見ると、僕らよりも過酷な状況のなか、一流のスタッフが最高の環境を整えてくれているのを感じられて頑張れる。自分がおじいちゃんになったときにも語り継がれている作品だと思ったので、『手を抜いたら、一生後悔するぞ』って自然と心が奮い立つんです」と『るろうに剣心』シリーズが特別であることを熱弁する。

 また、大友監督がNHK時代に手掛けた大河ドラマ『龍馬伝』では、青木は土佐藩参政・後藤象二郎、佐藤は土佐藩郷士・岡田以蔵として対峙するなど縁も深い。青木は「やっぱり自分のキャリアのなかでも、圧倒的に特別ですね」としみじみ語ると「大友監督がNHKを出た一発目の映画で声を掛けていただき、自分のいろいろな扉を開けてもらえたと思います」と感謝を述べる。

 そんな青木は、シリーズに携わったことで、エンターテインメントの持つ力を再認識させられたという。

 「以前、保育園の先生から、登園を嫌がっていた子が『るろうに剣心』で左之助を観てから園に来るようになったという手紙をいただいたんです。その手紙を読んだときは本当に涙が出てきて…。これまで自分が思っていたよりも、映画や映像作品などエンタメというのは力があるんだと改めて感じられて、自分のなかでも取り組む姿勢などが少し変化した気がします」

 そんな左之助というキャラクターについて「大切にしていたのは気構えだとか心意気ですね」と語った青木。

 その理由について「パート1では、どこか剣心とバディ的な感じだった左之助ですが、パート2、パート3では剣心が自分の過去と向き合うことで、物理的な距離が生じる。そのとき、左之助は自分のアイデンティティである拳の闘いに限界を感じていて、剣心の居場所をしっかりと作ってあげることに重きを置いていたのかもしれない、と思うようになったんです。そして最終章では、さらに相手が強くなり、もはや剣心と縁の闘いなどは雲の上の存在というか…。いかに闘いにリアリティを持たせられるかということが左之助の役目のような気がしていました。その意味で、どこまでお客さんに痛みを感じてもらえるか、どのように痛点を提示するかを意識しました」と語っていた。

 元気印の左之助がボロボロになって闘う姿こそ、観客は『るろうに剣心』という作品にリアリティを感じることができる。「本当にいい役を演じさせてもらいました」と語った青木の表情は、やりきった満足感に満ち溢れていた。(取材・文:磯部正和)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ