プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

アンソニー・ホプキンス、83歳「まだまだ引退する気はありません」現役宣言

映画『ファーザー』(5月14日公開)での演技で「第93回アカデミー賞」主演俳優賞“史上最高齢”受賞に期待がかかるアンソニー・ホプキンスの画像

映画『ファーザー』(5月14日公開)での演技で「第93回アカデミー賞」主演俳優賞“史上最高齢”受賞に期待がかかるアンソニー・ホプキンス

 世界を震撼させた映画『羊たちの沈黙』(1991年)で元精神科医ハンニバル・レクター博士を演じたアンソニー・ホプキンスは、現在83歳。日本時間で26日午前から開催される「第93回アカデミー賞」において、映画『ファーザー』の演技で主演男優賞に“史上最高齢”ノミネートされたことでも話題だ。「まだまだ引退する気はありません。私は老戦士ですからね」と現役宣言している、アンソニー・ホプキンスのインタビュー映像を紹介する。

【動画】アンソニー・ホプキンス、インタビュー映像

 映画『ファーザー』は、「第93回アカデミー賞」において計6部門(作品賞、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞、編集賞、美術賞)でノミネートを果たした注目作。世界30ヶ国以上で上演された傑作舞台を映画化したもので、認知症をフックに、誰にも訪れる人生の夕暮れと揺れる親子の絆を見つめた感動の物語。自身と同名で生年月日も同じ主人公の父親を、アンソニー・ホプキンスが演じ、『女王陛下のお気に入り』のオスカー女優オリヴィア・コールマンが、愛する父の変化に戸惑い悩む娘を繊細に演じる。監督は原作舞台を手掛けたフロリアン・ゼレール。長編初監督にして、現実と幻想の境界が曖昧になっていく父の視点で描かれる、これまでになく画期的な表現を実現させた。

 この映画で、半世紀を超える役者人生の最高傑作にして集大成とも言える演技を披露したアンソニー・ホプキンス。演じるにあたり参考にしたのは自身の父だという。

 「私は父を演じたんです。父は認知症ではありませんでしたが最後の数週はその兆候が見えました。死を恐れるあまりとても怒っていて、目が合うだけで身がこわばりました。そんな父を思い出しながら演じたので実に簡単でしたよ」

 アンソニー・ホプキンスが演じたのは、ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニー。記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配する介護人を拒否していた。そんな中、アンから新しい恋人とパリで暮らすと告げられショックを受ける。だが、それが事実なら、アンソニーの自宅に突然現れ、アンと結婚して10年以上になると語る、この見知らぬ男は誰だ? なぜ彼はここが自分とアンの家だと主張するのか? ひょっとして財産を奪う気か? そして、アンソニーのもう一人の娘、最愛のルーシーはどこに消えたのか? 現実と幻想の境界が崩れていく中、最後にアンソニーがたどり着いた〈真実〉とは──?

 娘アン役のオリヴィア・コールマンとの共演については、「オリヴィアはとにかくすばらしいの一言に尽きます。アンは父を愛しているからこそ心を引き裂かれるんです。父の症状が進むほど彼女の絶望は深くなります。私は彼女に対して残酷ですからね。私の父も私に対してそういう態度を取っていました。私にとっては地獄でした。でも私には父が恐れているのが分かりました。アンに対する私の態度も同じです」と、自身の父親との経験から、恐れや弱さによって、そういう態度を取ってしまうことへの理解を示した。

 認知症と死というテーマについて問われると、「この役を通して多くの学びと気づきを得ました。自分自身の人生の終わりを意識するようになり、命が美しいものに思えてきました。なぜ人は生きているのだろうか。自分の“葉”を1枚ずつ失うのはどんな気分だろうか。人生の勉強になりましたよ」と、アンソニーの人生経験があるからこその言葉で表現する。

 そして、引退について問われると、「私はまだまだ引退する気はありません。私は老戦士ですからね。強くて生きる力がある。それに私はあれこれ考えたり分析したりせずただせりふを覚えて演じます。それが脳の活性化につながります。私は暗記マニアなんです。おかげで脳が衰えません。シェイクスピアやエリオットなどの詩も大量に暗記しています」と、力強く現役続行を宣言した。

 現地時間4月10日に開催された「第73回英国アカデミー賞(BAFTA)」で主演男優賞を受賞したことにより、今年の各種映画アワードで主演男優賞の座を争っている、『マ・レイニーのブラックボトム』の故チャドウィック・ボーズマン、『サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜』のリズ・アーメッド、『アナザーラウンド』のマッツ・ミケルセンといった強豪たちから一歩リードしたアンソニー。

 BAFTAの授賞式には登場せず、その時何をしていたか、も話題になった。実は、自分が受賞するとは思っておらず、滞在先のホテルで授賞式の中継も見ずに絵を描いていたそうで、フロリアン監督からメールが届き自分の受賞を知ったとか。

 これまで、『羊たちの沈黙』でアカデミー賞主演男優賞受賞し、『日の名残り』(93年)では同賞主演男優賞ノミネート、『2人のローマ教皇』(19年) では同賞助演男優賞ノミネートするなどアカデミー賞常連とも言えるアンソニー。今回のアカデミー賞授賞式も、史上最高齢主演男優賞ノミネートなど気にすることなくマイペースに、家族とウエールズに滞在予定だそう。授賞式のその時アンソニーは何をしているかにも注目だ。

 映画『ファーザー』は、5月14日よりTOHOシネマズ シャンテ(東京)ほかにて公開。

(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ