プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

オリラジ藤森、中田敦彦との“地獄の日々”を救ったプライドレスな生き方 2人で歩む新たな武勇伝「全方位やりたい」

初の自著『PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解』を発売した藤森慎吾の画像

初の自著『PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解』を発売した藤森慎吾

 「バイト先で見つけた中田敦彦という人がすごく面白かったので、この人とやっていったら、きっと楽しいだろうなと感じました」。お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾(38)は、大学時代に中田敦彦(38)と出会った時のことを鮮明に覚えている。リズムネタ「武勇伝」で一世を風靡し、近年ではRADIO FISH名義での楽曲「PERFECT HUMAN」で紅白出場を果たすなど、エンタメ界を自在に横断しているが、昨年末には吉本興業とのマネジメント契約が終了し、新たなストーリーを歩き始めている。

【動画】チャラ男は限界…プログラミングを学びしたり顔の藤森慎吾

 初の自著『PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解』(徳間書店 発売中)では、今回の独立も含めて、藤森の半生がつづられている。中田と“お笑い”を目指した時の心境をゆっくりと振り返る。「僕はすごくミーハーなので、単純に芸能界への憧れとか、テレビに出たいという気持ちで、一番の近道があっちゃんとお笑いをやることだなと。完全に相方の実力頼みでした(笑)。それまでお笑いの知識や面識がなくて、初めて触れた世界があっちゃんの漫才動画で、それがおもしろすぎて、これは乗らない手はないだろうと、めちゃくちゃ軽いタッチでした」。チャラ男キャラの片鱗を感じさせる受け答えだが、コンビ結成からは“地獄の日々”を過ごした。

 「相方がこんなに豹変するかっていうくらい、鬼教官に変わったので、今思い出してもつらかったですけど。いい思い出ではないです、1ミリも(苦笑)。それまでの友達だった頃がなつかしいですね。(コンビを)組んで、友達というものから、ある種のビジネスパートナーでもありますし。相方はお笑いの世界は甘いものではないので、その厳しさを知っているので、正しい行動だったと思うのですが、僕にとってはもっと楽にのんびりできるものだという印象だった…。結成からデビューして5~6年は地獄の日々でした。仲も当然悪かったし、その当時は相方のことは嫌いでした。お仕事も、環境としてはすごく充実していたのですが、何ひとつ手応えがなくて、やりがいも感じられなくて、心のバランスが取れてなかったです」

 自身の中にあった「オレも才能あるんだぜ」「相方とは対等だ」という“プライド”から抜け出すことで、楽になれたと藤森は柔和な笑みを浮かべる。「コンビのネタを作ったのはあっちゃんで、いろんなプロジェクトをやってきたのもあっちゃんだし、あっちゃんの才能に惚れていたのに、あの頃の僕は対等ということだけにこだわっていたから、ちょっと言われたら気に入らないとなっていました。そこを受け入れることで円滑に進むこともたくさんあったので、すでに“プライドレス”な考えになるきっかけだったかもしれないですね」

 藤森を代表する「チャラ男キャラ」は、『笑っていいとも!』レギュラー出演時、タモリからふと言われたことから誕生した。「タモさんから『お前、本来そういう人間だろう、もっと出せ』と言っていただいて。その時に、これまで背負わされていた『オリラジ=吉本の猛プッシュ芸人、ちゃんとスタイリッシュじゃないとダメ、藤森はMCもできないとダメ』みたいな、勝手に作り上げたイメージを壊せたなと。オレの器じゃ無理だと。やれることをやろうと思った時に、タモリさんの言葉がすごく後押しになって、解放されました」。

 同書の中では「すべてがエンターテイメントだ」という藤森ならではの“お笑い観”も垣間見えるが、率直な思いを打ち明ける。「賞レース、トーク番組でバリバリやっている人へのリスペクト、憧れもありますし、自分たちにはなし得なかったものというくやしさもありますが、そのままだと整理つかない。そうなった場合、自分にとってお笑いってなんだと考えてみました。これまでプライベートも切り売りしてきたし、何かあったら家族も出すし、退所してみたり、相方とラジオでケンカしてみたり、そういったすべての行動がエンタメになればいいだろうと。芸だけでスタイリッシュに生きていこうとするのは諦めました。センスあるやつって思われる生き方は無理だなと(笑)。だから、藤森というコンテンツを楽しんでもらうように変えてみたら、すごく楽です。芸人とはこうあるべきだとすごく縛られていた時期があったので…」。プライドの呪縛から解き放たれて、見えた景色がある。

 オリラジとしての今後についても明るいコメントが返ってきた。「相方はYouTubeやオンラインサロンにシフトして、僕は今までやってきた仕事を継続しながら…と思っています。僕はエンタメが好きなので、テレビへの憧れはずっとあるし、舞台・ドラマといったものもやりたいし、めちゃくちゃ欲張りですけど、全方位やりたい(笑)。これが、ミーハー藤森の根源です(笑)。やったことないことがないと言われるまで、やります。それは、これまで築いたものが保険としてあるからですよね。会社への感謝はもちろんありましたけど、今回の退所も大博打をしたつもりではないです。保険があれば、いろんな選択が取れるんだということは、いろんな人に伝えたいですね」。今の目標は“武道館ライブ”だという。

 「退所を決意した最大の理由は、相方が唐突に言い出したんですけど『2025年に武道館ライブをやるぞ』と。それを聞いた途端、僕は胸の高まりが止まらなくて『また、おもしろいことぶち上げてきたな』と(笑)。結局、人生何が楽しいって、ワクワク高鳴る瞬間が一番大事だなと。相方がそういう企画をぶち上げてくれたことがうれしくて、今はそれに向けて、どうやって1万5000人を呼べるかなと、いろいろ考えています」

 オリエンタルラジオが歩む“武勇伝”の伝説ベストテンは、まだまだこれから書き進められていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ