プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

永野芽郁&広瀬アリスら“くせの強い”被告人を熱演 『イチケイのカラス』×『地獄の花園』がコラボ

月9ドラマ『イチケイのカラス』第4話に出演する(左から)広瀬アリス、永野芽郁、遠藤憲一(C)フジテレビの画像

月9ドラマ『イチケイのカラス』第4話に出演する(左から)広瀬アリス、永野芽郁、遠藤憲一(C)フジテレビ

 竹野内豊が主演するフジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』(毎週月曜 後9:00)に、映画『地獄の花園』(5月21日公開)のキャストが登場すると24日、発表された。26日放送の第4話に永野芽郁、広瀬アリス、遠藤憲一の3人、5月10日放送の第6話に映画脚本を担当したバカリズムが出演する。かつて竹野内主演の連続ドラマ『素敵な選TAXI』(2014年、関西テレビ)で脚本を務めたバカリズムが、自身も喫茶店のマスター役で出演したことをきっかけに親交を深め、今回のコラボが実現した。

【場面写真】白のブラウスで溢れ出る透明感!ゲスト出演する永野芽郁

 『イチケイのカラス』は民放連続ドラマとしては初となる、刑事裁判官が主人公の爽快リーガルエンターテインメント。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、竹野内が主人公・入間みちお、黒木華がみちおと真逆の堅物タイプな裁判官・坂間千鶴をそれぞれ演じている。

 コラボ第1弾として、第4話に永野、広瀬、遠藤の3人が被告人役で登場。ヤンキーOLの派閥争いを描くノンストップコメディー映画『地獄の花園』での体当たり演技が注目を集める3人だが、本ドラマでも負けず劣らずの強烈キャラを見せつけている。永野は美人局(つつもたせ)の罪で起訴された女、広瀬は銃刀法違反を犯した極道妻、そして遠藤はさい銭泥棒の常習犯とそれぞれアクの強い被告人を演じ、東大卒のエリート裁判官・坂間を前にひたすら挑発的な態度を繰り返す。

 続くコラボ第2弾では、第6話にバカリズムが被告人役で出演。窃盗だけで前科6犯、絶対に人を傷つけず、金が余っていると踏んだ家しか狙わない美学を持つ、泥棒という仕事に魅せられた男・岸田茂(きしだ・しげる)を演じる。ひょうひょうとした立ち振る舞いで、本心を一切見せない岸田の本当の目的とは。そんなミステリアスな岸田をバカリズムがどう演じるのか注目だ。竹野内との親交とは打って変わり、ドラマでは裁く者と裁かれる者という立場。法廷で対峙する竹野内とバカリズムの緊迫した競演に期待が高まる。

■バカリズムコメント
「竹野内さんとは『素敵な選TAXI』以来の共演だったので、参加させていただけてうれしかったです。しかも監督が星野(和成)さんで、さらには升(毅)さんもいたので、個人的には2割くらい『素敵な選TAXI』感覚で安心感がありました。ただ、とてつもない長ぜりふがあったので本番は吐きそうでした」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ