プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

チャウヌ「新しい姿をお見せできる」 『女神降臨(原題)』日本放送スタートでインタビュー到着

ASTRO・チャウヌ(C) Mnet Japan/ photo by Kyutai Shim (STUDIO HARU)の画像

ASTRO・チャウヌ(C) Mnet Japan/ photo by Kyutai Shim (STUDIO HARU)

 ボーイズグループ・ASTROのメンバーで俳優としても活動するチャウヌが主演を務める『女神降臨(原題)』が23日より日本初放送を開始(後9:00~、CS放送 『Mnet』/動画配信サービス 『Mnet Smart』 )。それに合わせて、チャウヌのオフィシャルインタビューが到着した。

【写真】秀才で運動神経抜群だが…どこか陰のあるイケメンを演じるチャウヌ

 人気ウェブ漫画が原作の『女神降臨』はメイクを通じて誰もが振り向く“女神”に変身する女子高生イム・ジュギョン(ムン・ガヨン)、イケメンで秀才、運動神経まで抜群だがどこか陰のあるイ・スホ(チャウヌ/ASTRO)、タフな風貌で悪い噂が絶えないハン・ソジュン(ファン・イニョプ)が繰り広げる、ドキドキの三角関係ラブコメディ。チャウヌはイケメンで秀才、運動神経も抜群だが、どこか陰のある少年イ・スホを好演している。

――本作に出演を決めた理由をおしえてください。

 『女神降臨(原題)』 への出演を決めた理由は、かなり悩みながら何度も話をしたのですが、『女神降臨(原題)』 を通じて新しい姿をお見せできると思いましたし、スホというキャラクターに惹かれました。

――原作とのシンクロ率100%という評価を受けて、原作ファンたちからも大絶賛でしたが、ご自身ではどう受け止めていらっしゃいますか?

 100%ではないですが、それでもうれしい褒め言葉ですね。 これからもいい姿をお見せできるように努力します。また、プレッシャーがなくはなかったのですが、ポジティブに考えながら頑張ろうとしました。初めてこの作品に関心を持つようになったのも、ビンとサナが「スホというキャラクター、(僕と)似ているよ」って言ってくれて知った作品であり、ありがたい気持ちもあります。

――同世代の出演者が多い現場だったと思いますが、現場の雰囲気はいかがでしたか? 

 同じ年頃同士でいると活発で、高校にまた通うような気分でしたし、みんな友達みたいで活気に満ちていてよかったです。

――原作が大ヒットWEBマンガということもあり、演じる上でのプレッシャーがあったと思います。役作りをする上で重要視されたことは何ですか? キャラクターを演じるために特に力を入れたところをおしえてください。

 スホというキャラクターを演じながら、ウェブトゥーンとドラマは違う部分があるかもしれないので、その部分をよく活かしてみようと思いました。スホの持つ痛みをよく理解するのが一番重要だと思いました。

■自信がなくなる時は「ファンの皆さんからの応援の言葉や文章を見ると力が出る」

――アドリブのシーンはありましたか? 

 アドリブは多かったです。特に、後半に行くほど与えられたセリフが終わっても監督から何の合図もなかったので、とにかくアドリブでお芝居を続けました。後半になればなるほど、シーンごとにアドリブをしましたね。 

――SF9のチャニさんら男同士の友情のシーンが印象的でしたが、役だけではなく実際のエピソードなどありましたらおしえてください。

 あまりなかったのですが…。過去の回想シーンで3人が仲良く過ごす部分が多く出てきましたが、チャニとは元々知り合いだったし、この作品を通じてイニョプさんとも知り合って、その2人を親しくさせるために真ん中で頑張りました。

――イ・スホを演じたことに対してASTROのメンバーたちの反応はどうでしたか?

 あまりにもイタズラ好きな友達だから、からかってみたり、直接会うと「イム・ジュギョン」と呼んだりしてイタズラをしました。特にサナは僕のモノマネをしながらふざけたりもしました。

――ジュギョンのメイクアップのように、チャウヌさんにとって自信を持つために行っていることやアイテムはありますか?

 自信がなくなる時、ファンの皆さんからの応援の言葉や文章を見ると力が出ます。そして、悩みがある時はよく話をして表現すると、気分がよくなります。

――一緒にお芝居をしてみたい先輩はいますか?

 僕はまだ経験が多い方ではないので、どなたと共演しても楽しくて面白いと思います。たくさん経験を積みたいです。

――今作は三角関係ラブコメディとなっていますが、チャウヌさんがもしイム・ジュギョンだったら、イ・スホとハン・ソジュン、どちらを選びますか?

 スホでしょう! 僕がスホ(役)なので! 選ばれなかったらどれほど胸が痛むかわかるので…スホは真剣だったんですよ。スホ…(役に)深く入り込みました。

――最後に、『女神降臨(原題)』をご覧になる日本のファンのみなさんに、ドラマの見どころとメッセージをお願いいたします。

 『女神降臨(原題)』をご覧の皆さん、とっても楽しくてドキドキして、色々な要素が込められている作品です。学園モノのようですが単純すぎず、内容の面白さやアクション、家族の話、コメディなど様々な要素に富んでいて、気軽に楽しんでいただける作品なので、『女神降臨(原題)』とスホを沢山愛してくださると嬉しいです。ありがとうございます。

■CS放送 『Mnet』放送情報 / 動画配信サービス 『Mnet Smart』 配信情報
『女神降臨(原題)』
4月23日 後9:00~ 放送スタート(毎週金曜、土曜 後9:00~)
出演:チャウヌ(ASTRO)、ムン・ガヨン、ファン・イニョプ、パク・ユナ ほか
演出:キム・サンヒョプ『偶然見つけたハル』 脚本:イ・シウン
2020年 tvN/全16話/各75分/字幕放送/HD/日本初放送
(Mnet Smartでは本放送&7日間見逃し配信で視聴可能)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ