プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

自宅からのDJ配信には見た目も重要 世界中で愛されるターンテーブルに新色登場

『SL-1200MK7』の新色の画像

『SL-1200MK7』の新色

 新しい生活様式に合わせ、自宅やクラブから配信するDJスタイルが増加している。パナソニック株式会社は、テクニクスブランドのダイレクトドライブターンテーブルシステムが2019年に発売した『SL-1200MK7』の新色として、シルバーモデルを5月21日より発売する。

【画像】どっちもカッコいい! ブラックとシルバーの比較画像

 SL-1200シリーズは、ダイレクトドライブ方式ならではの高音質と信頼性や操作性が評価され、ディスコやクラブにおける定番機。シリーズ(※1)累計販売台数は350万台を超え、世界中で愛用されている。

 ボタンレイアウトやプラッターの慣性質量などDJパフォーマンスに影響する仕様は、前シリーズである『SL-1200MK』シリーズを踏襲。さらに新生テクニクスの開発で培った技術を用いて音質を高めるとともに、トルク・ブレーキスピードの調整や逆回転再生(※2)など、パフォーマンスの可能性を広げる新たな機能も搭載している。発売以来、DJターンテーブルの新たなスタンダードモデルとしてDJに支持されているほか、本格的なアナログプレーヤーとしてHi-Fiオーディオユーザーからも愛されている。

 昨今、クラブや自宅からの動画配信が増加するなどDJスタイルが変化しており、選曲やリズムなどの音だけでなく、DJの手元を映したプレイ映像がこれまで以上に注目されている。今回は、ミキサーなどのDJ機器やアンプなどのコンポーネントとターンテーブルの色を合わせたいという要望に応える形での新色の登場。既存のブラックに加え、機器にマッチする色を選ぶことができるようになる。

※1:1972年発売のSL-1200から2008年発売のSL-1200MK6まで。
※2:逆回転再生機能を使用するには、本体スイッチをオンにする必要があります。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ