プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

浜辺美波『賭ケグルイ』メンバーと仲良しトーク「監督から『汚ぇ』って言われました」

『賭ケグルイ』メンバーと仲良しトークを繰り広げた浜辺美波 (C)ORICON NewS inc.の画像

『賭ケグルイ』メンバーと仲良しトークを繰り広げた浜辺美波 (C)ORICON NewS inc.

 女優の浜辺美波が22日、都内で行われた『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』(29日公開)の完成披露イベントに登壇した。

【全身ショット】ホワイトのロングワンピース姿で登場した浜辺美波

 ギャンブルの強さで階級が決まる私立百花王学園を舞台に、転校生・蛇喰夢子らが繰り広げるギャンブルバトルを描く。2018年放送のドラマ(season1)から夢子を演じる浜辺をはじめ、高杉真宙、森川葵、池田エライザらレギュラーキャスト陣が続投。さらに、映画第2弾となる『絶体絶命ロシアンルーレット』では、かつて学園を滅ぼした最凶のギャンブラー・視鬼神真玄役でジャニーズWESTの藤井流星が出演している。

 スタートから約4年が経過。浜辺は「1作目から2作目に行く時は不安もあったんですけど、3作目まで来ると楽しみでしょうがなかった」とにっこり。勝手知ったる共演陣になったそうで「このメンバーはみんな面白いし、変わった人も多い。どれだけ変わったことをしても怒られない。もう楽しんで楽しみ抜こうと。『賭ケグルイ』が去年の1番の楽しみでした。毎日、楽しかった。さらに仲良くなった。そういう意味でも映画はパワーアップしているかな」と幸せそうな表情を見せた。

 誰が1番、変わっているのか問われると浜辺は「監督をはじめとする…」と英勉監督をチラリ。やり玉に挙げられた英勉監督は「汚ぇ」とぽつり。浜辺は「一応、主演をやらせていただいているんですけど『汚ぇ』って言われましたよ。危ない、危ない!」としてやったりの表情を見せていた。

 完成披露には、高杉真宙、藤井流星、池田エライザ、森川葵も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ