プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

小川紗良、女優・映画監督に続いて小説家デビュー 卓越した描写センスを発揮

自ら監督した長編映画『海辺の金魚』ベースにした小説を発表する小川紗良の画像

自ら監督した長編映画『海辺の金魚』ベースにした小説を発表する小川紗良

 女優・映画監督として活躍する小川紗良が、小説家デビューすることが明らかになった。自ら監督・脚本を手がけた長編映画『海辺の金魚』(6月25日公開)の世界を掘り下げ、小説として初執筆。映画公開に先行して、ポプラ社より6月10日に発売される。

【動画】小川紗良監督作品『海辺の金魚』予告編

 刊行される小説『海辺の金魚』は、映画と同じ児童養護施設を舞台に、そこで生きる子どもたちの姿をつづったオムニバス形式の短編集。映画をベースにした表題作でもある「海辺の金魚」を含む全4篇。

 小川は映画監督・映像作家として大学時代に短編・中編作を監督し、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭やPFFアワード等に入選。連続テレビ小説『まんぷく』、『アライブ がん専門医のカルテ』、『フォローされたら終わり』など、ドラマや映画、CMに出演するなど俳優業でも活躍している。文筆家としても、今回、初めて小説に挑戦したとは思えないほど卓越した描写センスと美しくやわらかな筆致で、新たな才能の出現を感じさせる。

 初の長編監督作品となる『海辺の金魚』は、韓国・全州国際映画祭に正式出品が決定。主題歌は橋本絵莉子(元チャットモンチー)が、ソロになって初めて書き下ろした「あ、そ、か」であることが発表され、楽曲を使用した予告編も解禁となった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ