プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

竹中直人、倉敷で大学の後輩と偶然再会「びっくりしちゃった」

倉敷で大学の後輩と偶然再会したことを明かした竹中直人 (C)ORICON NewS inc.の画像

倉敷で大学の後輩と偶然再会したことを明かした竹中直人 (C)ORICON NewS inc.

 女優の福本莉子、俳優の竹中直人、中河内雅貴、長谷川初範が22日、都内で行われた映画『しあわせのマスカット』(5月14日公開)完成披露試写会に登壇した。

【動画】竹中直人に「かわいい」と言われ照れる福本莉子

 岡山県で撮影された本作。ロケ中の思い出を聞かれた竹中は「倉敷で小学校からのあだ名の『たけちゅー』って女性から呼ばれまして。そうしたら多摩美術大学の後輩がいたんです。びっくりしちゃって(笑)」と振り返り「舞台では何度か行ったことはありますが、今回は長くいることができて、穏やかで優しい気持ちになれました」と岡山ですてきな時間を過ごせたという。

 今回が初の映画単独主演となる福本は「撮影したのが高校を卒業してすぐだった。2年前の自分を見るのは恥ずかしいですが、公開日が決まって、こうして会見をすることができて本当に良かったです」と安堵した。そして「岡山の魅力がたくさん詰まった映画です。すてきなキャストのみなさんに支えられて公開となりますので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです」と元気いっぱいにアピールした。

 福本が演じる相馬春奈は、和菓子会社に入社し、自分がデザインした和菓子を作ることを目標にしていたが、配属されたのは会社と提携しているぶどう農園。園主の秋吉伸介(竹中)は、仕事に厳しく、春奈を冷たくあしらうが、彼女は認められようと奮闘する。そして、伸介が10年前に亡くなった息子のぶどう園を守り続け、そのぶどう園を整理しようとすることを知り、そんな中、西日本豪雨による未曾有の大水害が起こる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ