プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

TikTok日本No.1・景井ひな、授賞式で「頭が真っ白」 “カンペスピーチ”を反省

“カンペスピーチ”を反省した景井ひな (C)ORICON NewS inc.の画像

“カンペスピーチ”を反省した景井ひな (C)ORICON NewS inc.

 優秀なデジタルコンテンツなどの制作者を表彰する『第26回AMDアワード』(主催:一般社団法人デジタルメディア協会)の授賞式が21日、都内で行われ、TikTok日本女性フォロワーNo.1の景井ひなが「江並直美賞(新人賞)」を受賞した。

【動画】TikTok日本女性フォロワーNo.1景井ひな「江並直美賞(新人賞)」を受賞

 景井はTikTok開始わずか9ヶ月で国内単独最速で100万人フォロワーを達成。現在は620万人を超え、『LARME』レギュラーモデルや女優と活動の幅を広げている。同アワードは「新時代を象徴する“SNSから誕生したスター”に期待する」とコメントを寄せた。

 授賞式後の取材に応じた景井は「そうそうたる方々と一緒に選んでいただいたことが光栄です」と喜びながら「すごく緊張してしまって(受賞スピーチ)頭が真っ白になって、自己紹介をしたあとにアガってしまって、すぐにカンペを取り出してしまいました。そこは反省しています」とちゃめっ気たっぷりに笑った。

 また、国内の女性TikTokerでフォロワー数第1位となったことについて聞かれると「日本一という自覚が全く無くて、特にフォロワーの方が増えたから生活にも特に変わった所がなく、実感はないです。ただ、TikTokをやり始めた途中からは、ここまで来たのならTikTokを極めたい。女性の中で1位になりたいと思っていました。1位になれた時は、すごくうれしかったです」と笑顔で話し「毎日の投稿が日常になったのでつらい、キツイという気持ちはまったくない。継続力が培われました」と笑顔で話していた。

 各賞は以下の通り。

■大賞/総務大臣賞:『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
■AMD理事長賞:『あつまれ どうぶつの森』、TBS日曜劇場『半沢直樹』
■年間コンテンツ賞「優秀賞」:GUNDAM FACTORY YOKOHAMA/劇団ノーミーツ/小惑星探査機「はやぶさ2」/Zoom/ポカリNEO合唱2020/YOASOBI/radiko
■功労賞: HIKAKIN
■江並直美賞(新人賞):景井ひな
■リージョナル賞:「碑の記憶」プロジェクト

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ