プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

荒井優希、渡辺未詩と組みプロレスデビュー 対戦相手・伊藤麻希はバッサリ「SKE48の肩書きに救われているだけのヤツ」

(左から)遠藤有栖、伊藤麻希、荒井優希、渡辺未詩 (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)遠藤有栖、伊藤麻希、荒井優希、渡辺未詩 (C)ORICON NewS inc.

 アイドルグループ・SKE48の荒井優希(22)のデビュー戦(5月4日、後楽園ホール)の対戦カード発表会が21日、都内で開催。アップアップガールズ(プロレス)の渡辺未詩(21)とタッグを組み、元LinQの伊藤麻希(25)、現在無期限活動休止中のCheer1・遠藤有栖(23)組と戦うことが発表された。

【写真】渡辺未詩と組みプロレスデビューするSKE48・荒井優希

 会見には4人が出席。荒井は「いつか戦ってみたい選手として伊藤選手の名前を挙げさせていただいた。まさかデビュー戦で戦うことになるとは…。全力でぶつかっていけたらと思っています」と意気込んだ。

 タッグパートナーとなる渡辺は「すごくアイドルが大好きで、中でも48グルーブさんはアイドルオタクになるきっかけ。現場に行かせてもらったり、総選挙に投票していたりした。荒井さんのことはドラフト会議から見させてもらっていた。今回、プロレスラーとしてタッグを組んで戦える。夢にも思っていなかったことなので、うれしいです。私自身、アイドルとプロレスを両立している。自分の目標として『アイドルとプロレスのかけ橋になりたい』というのがある。荒井さんのデビュー戦に勝ちに行って、アイドル界、プロレス界をさらに盛り上げられたら」と宣言した。

 対戦する遠藤は「無期限の活動休止中ですが、アイドル活動もしていた。プロレスデビューは荒井さんより早かったので絶対に負けません」と気合十分。伊藤は「まず、数あるプロレス団体の中で東京女子プロレスを選んでデビューしてくれるのは、すごくうれしいこと。ありがとうと思っています」と口にしながらも「まだ荒井優希というプロレスラーに伊藤麻希はさほど興味は持っていないですね。意気込みを聞いても『頑張る』とか『全力をぶつける』とか当たり前。いまいちワクワクしていない。現状、伊藤麻希から見る荒井優希は『SKE48の肩書きに救われているだけヤツ』にしか思えない。5・4後楽園で荒井優希とは何者なのかを教えてくれることを待ってます」と切り捨てていた。

 伊藤の挑発を受けた荒井は「すごく悔しい。リングの上でわかってもらえたら。今できることをやりたい」と闘志を燃やしていた。

 AKB48グループといえは、メンバーがプロレスに挑んだテレビ朝日系連続ドラマ『豆腐プロレス』が話題となり、荒井もリアルプロレスイベント『豆腐プロレス The REAL 2018 WIP QUEENDOM in 愛知県体育館』(2018年2月開催)に「バブリー荒井」のリングネームで参戦。DDTの「アイアンマンヘビーメタル級王座」の戴冠実績もある。荒井は、14日にプロレスデビューすることを発表していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ