プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

【沖縄国際映画祭】岸本司監督、首里城は「希望を持って再生できる」

『夢の残像』舞台挨拶の模様の画像

『夢の残像』舞台挨拶の模様

 岸本司監督、嘉人、新垣正弘、真栄城美鈴、蓬莱つくしが18日、沖縄県那覇市で開催された『島ぜんぶでおーきな祭 第13回沖縄国際映画祭』内で行われた映画『夢の残像』舞台あいさつに登壇した。

【写真】撮影現場を振り返った舞台挨拶の模様

 本作は、沖縄の古都・首里の街並みと古びた映画館を舞台に、挫折を抱え故郷に戻ってきた男とその家族や周囲の人間模様を、それぞれの困難な状況も含めて温かくシンプルに描き出した、岸本監督の最新作。

 岸本監督は「今回、映画祭のプロデューサーから映画館をテーマにしようと提案があって、その中で首里劇場というすばらしい古い劇場を見つけて『傾きかけているところから再出発する物語』が生まれました」と作品の誕生秘話を語った。

 また、焼失した首里城の映像が作中に登場することに触れ「首里城は今まで何度も燃えて生まれ変わっているんです。だから希望を持って再生できる」と物語との深いつながりつながりがあるとコメントした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ