プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

モト冬樹、生島企画室と業務提携 古希に向け活躍の場広げる

モト冬樹が生島企画室と業務提携、生島ラジオへの出演も決定の画像

モト冬樹が生島企画室と業務提携、生島ラジオへの出演も決定

 タレントのモト冬樹(69)が、フリーアナウンサー生島ヒロシ(70)が会長をつとめる生島企画室と業務提携することが20日、わかった。

【写真】クイーン“ブライアン”コスプレでギター演奏するモト冬樹

 モトは2008年からマネジメント会社のデューズに所属していたが、5月5日に古希(70歳)を迎えることもあり、さらなる活躍の場を広げるべく今回の提携に至った。

 モトは同日放送のTBSラジオ『生島ヒロシのおはよう定食/一直線』(月~金 前5:00)にゲスト出演。小中高と通っていたフランス系カトリックの超名門「暁星学園」の思い出話で「「いい学校だった。小1から高3まで通ったけど、イジメを見たことがなかった。優しい人が多くて悪いヤツがいなかった」と盛り上がった。

 学校の後輩で2012年に亡くなった歌舞伎俳優の十八代目中村勘三郎さん(享年57)や俳優・香川照之(55)にも話が及び、生島が「昔、面倒を見てきた後輩が売れてきちゃって」と水を向けると「そんなのばっかりですよ。みんな、どんどん乗り越えていくんだなぁみたいな」と嘆くモト。生島が「跳び箱?」と言うと、「でも、うれしいです」と笑顔を見せていた。番組には21日にも出演する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ