プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

日産とSUBARU、トミカでレース対決 勝者は日産、負けたSUBARU担当者「会社に帰れない」

SUBARUと日産、トミカでレース対決 (C)ORICON NewS inc.の画像

SUBARUと日産、トミカでレース対決 (C)ORICON NewS inc.

 タカラトミーが20日、オンラインで『トミカ オンラインメディア発表会』を開催し、「トミカ」をさらに進化させる『トミカ アドバンスプロジェクト』を発表した。2020年に50周年を迎えた『トミカ』の、これから先の50年に向けた新しい施策や新商品を発表するために行われたもので、SUBARUや日産自動車と自動車メーカーの商品企画担当者がゲストとして出席し、それぞれ自社のトミカを使いレースバトルを実施した。

【動画】トミカが超スピードで疾走!日産とSUBARUがレース対決

 プロジェクト第1弾の商品として、デジタルラップカウンターが白熱のレースバトルを盛り上げる「トミカスピードウェイ実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」(希望小売価格:1万2100円/税込)と、「トミカ」初NFCチップを搭載し、専用アプリと走行データが連動する「スーパースピードトミカ」4種(希望小売価格:各1320円/税込)を、6月19日から発売することを発表。

 「デジタルアクセルサーキット」は、アクセルボタンを連打することで「トミカ」が加速し、サーキットを高速で駆け抜け、「トミカ」の周回やラップタイム、レースバトルの勝敗をデジタルラップカウンターが判定する。ラップカウンターには「レースバトル」「ラップタイムチャレンジ」など複数のモードを搭載し、2人でのバトルはもちろん、ひとりで遊び込むことも可能で、さらに専用アプリと連動し、ラップカウンターにスマートフォンをセットすることで、レースの内容と連動したCG映像を楽しむことができる。

 この日は、SUBARUの商品企画部本部・五島賢氏と日産自動車の商品企画本部・田村宏志氏が、同商品をアピールするため、SUBARUと日産のトミカでレースバトルをすることに。五島氏は「やりますか!」とジャケットを脱いで気合を入れると、スーツ姿の田村氏は「やる気満々じゃないですか!」と笑っていた。

 アクセルボタンを連打させ、自社のトミカを加速させる2人。勝者は接戦を制した日産のトミカで、田村氏は「すみません、勝っちゃいました」と申し訳なさそうに言うと、負けた五島氏は「会社に帰れないです…」と落ち込み崩れ落ちていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ