プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

本田翼、製作総指揮の“ほんだのげーむ”完成に感慨「お金の工面が大変で…」 製作期間は約2年

製作総指揮の“ほんだのげーむ”完成に思いを語った本田翼 (C)ORICON NewS inc.の画像

製作総指揮の“ほんだのげーむ”完成に思いを語った本田翼 (C)ORICON NewS inc.

 女優の本田翼(28)が20日、都内で行われた『ほんだのげーむ タイトル発表会』に参加。ゲームタイトルが『にょろっこ』になることが明かされ、非対称型対戦のサバイバルアクションゲームで6ヶ月間の期間限定サービスとなることも発表された。

【画像】ゲーム画面公開!本田翼が開発に携わったゲーム『にょろっこ』

 製作総指揮を務める本田は「製作総指揮を務めます本田翼です」とにこやかにあいさつ。その後、演台に移り、開発経緯やコンセプトなどを説明。タイトル名について「由来は『~~対戦ごっこ』を略して『にょろっこ』となります。遊び方、役割をあえて決めずに自分で自由に楽しんでほしい。いろいろな『ごっこ遊び』を楽しんでほしいという意味を込めて」と語った。

 「普段、あまりゲームをされない方でも簡単にプレイできるように考えました。オンライン上で、わいわいゲームで遊ぶ楽しさを知ってほしいという願いで、シンプルなゲーム性を追求して開発してきました」と込めた思いを力説すると「ぜひ、ご家族、友だち、パートナー、そしてまだ出会ったことのない誰かと、このゲームを楽しんでもらいたいな」とメッセージを送った。また、期間限定にした理由については「ゲームを含めたエンターテイメントはゴールがあるから夢中になる、熱くなるという考えの方のもと、最大限に楽しむことができる6ヶ月の特別な体験を」としていた。

 開発期間は約2年。頓挫する危機を何度も乗り越えたそう。「大変なことは挙げたら切りがない」としながら「予算管理と言いますか…。お金の工面はとっても大変で…」とぽつり。「ゲームを作ると一口に言っても、そのゲームを一緒に作ってくれた皆さんに還元しないといけない。それを考えた上でのゲーム作り。その上で、自分の好きなものをどうすればいいのか考えた」と懐かしむ。

 日本マイクロソフトの米倉規通氏は「本田さんがゼロから作ったタイトル。裏でマイクロソフトが作って、本田さんが関与されているだけなんじゃないかと思われがちですが、本田さんが自分で画を書いたり、タイトルのキャラクターデザインから原案からご自身でやられた。スゴいなの一言。きっちりとしてプロデューサーとしてやられていた」と絶賛。本田は「最近はタイトルのロゴを…。文字の周りの黒枠をつけるかつけないかで…」と細かなこだわりを口にしていた。

 『にょろっこ』は「ビジター(天使)」と「キーパーズ(人間)」チームに分かれて8人で戦う、非対称型対戦のサバイバルアクションゲーム。6人が「キーパーズ(人間)」で、2人が「ビジター(天使)」を操作し、10分間で各チームの勝利条件達成を目指す。複数のプレイヤーが同じフィールドに集まるオンライン鬼ごっこ(逃げっこ)のようなゲームとなっている。今年初夏に、iOSとアンドロイドで配信。配信元は、フォワードワークスとなる。

 本田は、ゲーム好きとして知られ、配信も行っているYouTubeチャンネル『ほんだのばいく』は登録者数220万人と人気を集めている。2019年に登壇したイベントでは「ゲームがとても大好き。こういうゲームを作りたいなという気持ちが日に日に積もっている。作りたいなって密かに思っている」とゲーム開発を夢と告白。また、昨年6月に出演したテレビ番組では、ゲーム開発に携わっていることも明かしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ