プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

石原さとみ「自分がなぜここにいるのかわからない」20代で2度経験した大きな挫折

『with』6月号表紙を飾る石原さとみ (C)ORICON NewS inc.の画像

『with』6月号表紙を飾る石原さとみ (C)ORICON NewS inc.

 女優の石原さとみが、28日発売の女性ファッション誌『with』6月号(講談社)の表紙に登場。順風満帆なキャリアを築いているように見える人気女優が、20代で2度経験した大きな挫折と、そのときに出合った言葉や経験を告白する。

【表紙】ノースリから華奢な腕スラリ…クールな表情を見せる石原さとみ

 プライベートでも新たなスタートをきり、ますます魅力的に輝く石原。同号ではメイクやファッションだけでなく、ものづくりの姿勢や立ち振る舞いにも多くの支持を得る石原とともに、“私たち女性が、これからどう生きていくか”について考えていく。

 15歳で女優のキャリアをスタートさせ、映画、ドラマCMなどさまざまな分野で活躍している石原だが、23歳と27歳くらいの頃、「自分がなぜここにいるのかわからない」アイデンティティ・クライシスを経験したと明かす。インタビューでは、その時代に深呼吸し、「きっと誰かの役に立てている」と思えるようになるまでに出合った言葉や経験について語る。

 「本を何冊読む」「映画を何本観る」など、無謀な目標を常にあげ、65歳までの人生から逆算して、今やらなきゃいけないことを書き出し、ストイックなまでに自分を追い詰めていた20代。目標を立てて、達成すると満足感があるけれど、それは一過性にすぎなかったと振り返る。そんな石原の発する言葉に重みがあり、心に響くのは、きっと自分の身に起きたつらいことを乗り越えて、さまざまな人の気持ちがわかるから。今回、取材に同行した編集部のアシスタントは、自分のモヤモヤを重ね、インタビューを聞きながら、泣きそうになってしまったという。

 また、同号では「結婚」を大特集。するもしないも自由、人の数だけ、家族のカタチはがある時代に、あらためて結婚について考えした。20人以上の結婚観を取材した結果、答えは1つじゃない、正解はないと実感する日々。共感できるもの、議論したくなるもの、さまざま。これからの参考にする人、そして結婚の答えあわせをしてみたい人にも向けた内容となる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ