プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

鈴木福『いないいないばあっ!』25周年特番でワンワンと再会 15年前に同番組でデビュー

Eテレ特集番組『いないいないばあっ!ワンワン・ザ・ワールド』に鈴木福が登場(C)NHKの画像

Eテレ特集番組『いないいないばあっ!ワンワン・ザ・ワールド』に鈴木福が登場(C)NHK

 今年4月に放送25周年を迎えたNHK Eテレの赤ちゃん向け番組『いないいないばあっ!』の特集番組『いないいないばあっ!ワンワン・ザ・ワールド』が、29日に放送(前9:20~50)。中国やベトナムで放送中の現地版の番組内容を楽しく紹介する。

【貴重写真】15年前!「いないいないばあっ!」でデビューしていた鈴木福

 ワンワンが中国の赤ちゃんたちと一緒に「わ~お!」の体操をしたり、ベトナムのオリジナルキャラクターの猫のミャオミャオと遊んだり、英語で「かんぱーい!」の歌を歌ったり。教えてくれるのは、15年前に同番組でデビューした俳優の鈴木福。スタジオには、ワンワンのEテレ仲間のサボさん、シュッシュ、ジャンジャンも登場し、ワンワンを通じていろいろな国の言葉や文化に親しみ、世界のお友だちとのつながりを感じることができる。

 25年にわたってワンワンを演じてきたチョーさんは「海外版といっても、やはり共通点は、お父さんお母さんの子どもに対しての溺愛っぷり。子どものためなら、とにかくはしゃぐし愛情をそそぐ。これは日本も海外も一緒なんですよね。その光景は25年間ず~っと変わりません。国の違いはありますが、気持ちが一緒。そんな共通点が見られるのはいいなと思いました」とコメント。

 鈴木も「ワンワンと出会ったのは、15年前。まさか大きくなってからも共演できるなんて思っておらず、すごく楽しかったしうれしかったです」とワンワンとの再会に喜び。「この番組には、僕も含め、たくさんの赤ちゃんたちが出演してきましたよね。僕の弟やいとこ、最近の子役にも『いないいないばあっ!』出身者がいます。個人的には“みんなのふるさと”のような番組だなあと思っています」と語った。

・チョーさんメッセージ
海外版といっても、やはり共通点は、お父さんお母さんの子どもに対しての溺愛っぷり。子どものためなら、とにかくはしゃぐし愛情をそそぐ。これは日本も海外も一緒なんですよね。その光景は25 年間ず~っと変わりません。国の違いはありますが、気持ちが一緒。そんな共通点が見られるのはいいなと思いました。
もうひとつの見どころは、この番組でデビューした鈴木福くんが大きくなって帰ってきたところです。あの赤ちゃんがねえ(笑)。番組がこれだけ長いと、赤ちゃんのころに見ていた人から「今は子どもとまた見ています」とか、お子さんと見ていた人からは「おじいちゃんおばあちゃんになっちゃいました」など、家族の歴史を聞くことがあるんです。この番組で家族がつながっていることを知ることができてうれしいですし、続けてきてよかったなぁと思います。
ことしで番組も25周年。次は30周年ですかね。まだまだ頑張りま~す!

・鈴木福メッセージ
ワンワンと出会ったのは、15年前。まさか大きくなってからも共演できるなんて思っておらず、すごく楽しかったしうれしかったです。当時の僕の映像も出てくるのですが、本当にお世話になりました(笑)。
この番組には、僕も含め、たくさんの赤ちゃんたちが出演してきましたよね。僕の弟やいとこ、最近の子役にも「いないいないばあっ!」出身者がいます。個人的には“みんなのふるさと”のような番組だなあと思っています。
また、小さい子たちに元気を与え続けている番組だとも思っているので、今回の出演では、僕も声のトーンを上げて元気に見えるように、ワンワンたちをお手本にやってみました。改めて、世界で活躍するワンワンのすごさを再確認できる番組だと思います。
この番組が30周年のとき、僕は22歳。ぜひそのときも呼んでください!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ