プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

馬場ふみか『イチケイのカラス』で黒木華の妹役 長崎弁のシーンに苦戦

月9ドラマ『イチケイのカラス』第4話に出演する馬場ふみか(C)フジテレビの画像

月9ドラマ『イチケイのカラス』第4話に出演する馬場ふみか(C)フジテレビ

 女優の馬場ふみか、板谷由夏が、フジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』(毎週月曜 後9:00~)の26日放送の第4話に出演することが決定。馬場は、黒木華演じる坂間千鶴の妹・絵真、板谷は竹野内豊演じる自由奔放で型破りな主人公・入間みちおの過去を知るキーパーソンとなる女性弁護士・青山瑞希を演じる。

【写真】20年前の竹野内豊との2ショットを披露した新田真剣佑(2枚目)

 今作は民放連続ドラマとしては初となる、刑事裁判官が主人公の爽快リーガルエンターテインメント。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、竹野内がみちお、黒木がみちおと真逆の堅物タイプな裁判官・坂間千鶴をそれぞれ演じている。

 第4話は坂間の妹・絵真が、坂間が暮らす部屋へ突然押しかけてくるシーンから始まる。ひょんなことから、同じ裁判官官舎に住むみちおも合流し、絵真はみちおと意気投合。姉の裁判官としての仕事ぶりに興味を示す絵真に、みちおは坂間が担当する裁判の傍聴を提案する。そんなある日、イチケイの部長・駒沢義男(小日向文世)が合議制で扱いたいと持ってきたのは、17歳の被告人・望月博人(田中偉登)がアルバイト先のレジャー施設から売上金5000万円を盗み、繁華街のビルの屋上から紙幣をばらまいた少年事件だった。

 少年事件において、家庭裁判所から検察庁に“逆送”され、起訴されるのは重罪の場合に限られるため、難しい案件であることが多い。坂間は少年事件を扱うのは初めてだと言うが、みちおは「裁判長を務めるのは坂間がいいのでは」と駒沢に提言。合議制で裁判長を務めた経験のない坂間にはかなりの重責だが、坂間は確固たる決意を表明する。坂間は博人の身辺調査を進めるうち、強い絆でつながる滝本陸(細田佳央太)と吉沢未希(ついひじ杏奈)が何かしら事件に関わっているのではないかと思い始める。

 今回の出演を受け、馬場は「竹野内さん、黒木さんとは初めてご一緒させていただくので緊張していたのですが、お2人ともとても柔らかくやさしい空気感で、楽しんで撮影することができました。黒木さんとのシーンは長崎弁がとても難しくて、現場でもそのお話をすることが多かったです。本当にやさしくお姉ちゃんのように接してくださってうれしかったです。第4話では、家族や兄弟姉妹を思う気持ちが描かれています。ぜひ、ご覧いただけたらうれしいです」とコメント。

 板谷も「途中からの参加でしたが、あたたかく受け入れてくれたチームイチケイに感謝します。久しぶりに竹野内氏とお芝居ができて、そのワールドが楽しかったです!」と呼びかけている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ