プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

隈研吾、サンゲツとコラボ商品「日本の技、職人のすごさを発見する時間でした」

隈研吾氏とサンゲツのコラボレーションで誕生した「KAGETOHIKARI(カゲトヒカリ)」の画像

隈研吾氏とサンゲツのコラボレーションで誕生した「KAGETOHIKARI(カゲトヒカリ)」

 サンゲツは19日、東京・サンゲツ品川ショールームで会見を行い、建築家・隈研吾氏との初コラボレーション商品「KAGETOHIKARI(カゲトヒカリ)」コレクションを発売すると発表した。

【画像】「KAGETOHIKARI(カゲトヒカリ)」ブランドサイト

 隈氏と同社が「伝統的な日本の美を壁紙・床材に如何に表せるか」をテーマに対話を重ね、技術者・職人との三位一体で、3年を越える歳月を経て、日本人の美意識と建築空間をつなぐ、同コレクションが誕生。同社初となる壁紙と床材を同一テーマで商品開発したプロジェクトであり“新しい空間を創りだす人々にデザインするよろこびを提供する”同社のブランド理念「Joy of Design」を体現する取り組みとなる。

 会見には、隈氏、同社の安田正介社長も出席。隈氏「僕自身、建築のデザインをする時にいろいろ迷う時に使いたい材料がないなと思うことがありまして、そういうものを自分で職人のみなさんと作れたら、こんなに楽しいことはないなと思っていたのですが、まさかこんなに時間がかかるとは」と笑顔を見せながら「日本の技の深さ、サンゲツさんの職人さんたちのすごさを発見する時間でした」と手応えをにじませていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ