プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

白濱亜嵐、母からのサプライズ手紙に照れ隠し「すみません、うちのメアリーが…」

『泣くな研修医』のリモート製作発表会見に参加した(左から)恒松祐里、野村周平、白濱亜嵐、木南晴夏、柄本時生 (C)テレビ朝日の画像

『泣くな研修医』のリモート製作発表会見に参加した(左から)恒松祐里、野村周平、白濱亜嵐、木南晴夏、柄本時生 (C)テレビ朝日

 EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が17日、リモートで行われた4月期のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』(24日スタート、毎週土曜 後11:00)の制作発表記者会見に参加した。

【貴重写真】新人時代の初々しい写真を公開した白濱亜嵐や野村周平

 うっとおしいほどの熱い情熱と持って一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱)が、研修医として第一歩を踏み出した先で待ち受けていたのは、何もできず、何もわからず、先輩医師や上司から怒られるばかりの毎日。押し寄せる傷ついた患者を前に、無力である現実に打ちのめされ、葛藤し、涙を流しながらも医師という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描く、青春群像劇。野村周平、柄本時生、恒松祐里が研修医役で、木南晴夏が先輩外科医役で出演する。

 原作は現役医師である中山祐次郎氏が書き、医療シーンがリアルに描かれているところも魅力。白濱が「僕は研修医役で、不慣れで医療用語もうまく言えない、手順もうまくいかない感じの役なので。木南さんが優秀な外科医役なので、大変そう…」と話すと、木南は「私はバリッバリのキレッキレの外科医なんですけど、お医者さん役は初めてで。本当は研修医からやりたかったな…」と本音をぽろり。

 撮影現場も和気あいあい。白濱は「周平が釣り好きで、釣った太刀魚をくれて、それを料理しました」という話も披露したが、野村は「でも、あげた日は現場に忘れていったじゃん。ホント薄情だな…」と暴露し、笑わせていた。

 会見では、白濱の母から手紙が届くというサプライズも。何も知らなかった白濱は「え? なに?」と驚きを隠せない様子。『泣くな研修医』だけに、白濱も感動で泣いてしまう流れかと思いきや、涙どころか笑いをこらえる場面も。白濱は「すてきな内容だなと思ったんですけど、脳内で母が話す声に変換されて、それが面白くて…」と予想外のリアクションの理由を明かしていた。

 それでも、「亜嵐が夢をかなえて本当に良かった。自慢の息子をもってママが一番幸せです」という母の愛あふれるメッセージに、白濱から夢を抱いてから実現するまでの道のり、それに対する両親思いが語られ、キャスト陣も感動。白濱は「すみません、うちのメアリー(母)が」と照れ隠ししながらも、うれしそうな表情を見せていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ