プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

川口春奈、ドラマ『着飾る恋』の魅力を力説 横浜流星“3枚目”の役作りはさんま&大泉洋?

新ドラマ『着飾る恋には理由があって』記者会見の模様(C)TBSの画像

新ドラマ『着飾る恋には理由があって』記者会見の模様(C)TBS

 女優の川口春奈、俳優の横浜流星が17日、オンラインで行われた20日スタートのTBS系新ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜 後10:00)記者会見に出席。それぞれの役どころ、作品の魅力などを語った。

【写真】川口春奈、横浜流星らが登場 『着飾る恋』メインビジュアル

 同ドラマは、きれいに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

 川口演じる“着飾る女”真柴くるみは、少し背伸びしつつも頑張り屋な主人公。役作りについて「本当に着飾って頑張る子なんです。すべては会社のために、身も心も削って。その姿が見ている方に『がんばれよ』って、応援してもらいたくて…。共感していただきたいし、彼女の頑張る姿、意味、一生懸命なところを泥臭くやりたい」と言葉に力を込めた。

 横浜は、真柴とひょんなことからひとつ屋根の下で暮らすことになる“ミニマリスト男”藤野駿を演じる。テンションの高い役どころとなっているが「難しいですね(笑)。駿は自分にないものを持っていて。クランクイン前から、監督から『3枚目でさんまさんや大泉洋さん路線でやってほしい』と。ただ心は閉じているという役で、どう演じたらいいのか不安や迷いみたいなものがあったのですが、今は楽しくできるようになってきたので、もっと魅力的に生きていけたらいいな」と声を弾ませた。

 横浜は、劇中での華麗な包丁さばきを披露しており「この作品をきっかけに始めて、練習は2ヶ月くらいして、自炊とかもまったくしてこなかったので、イチから教えてもらって、家でも練習して…。(今は)玉ねぎ切るのが得意です」とにっこり。“うちキュン”ポイントでは「真柴の一生懸命奮闘して生きている姿に心打たれるというか、ドンというか、ドシンというか」と話すと、共演者である関ジャニ∞の丸山隆平から「感情を覚えたばかりのロボットみたい」と笑いながらツッコミを受けるなど、和やかなムードで進行していった。

 最後は、横浜が「恋愛だけじゃなくて、人間ドラマが濃く描かれていて、新しい火曜ドラマ、みなさんの心を癒やし、励みになるような作品になっていると思います」、川口が「毎日生活していると、いいことだけじゃないし、大変なこともあって、うまくいかない日もたくさんあるのは同じだと思う。でも『また、あしたから頑張ろう』みたいな、すべての人の背中を押せるような温かいドラマになっていたら」と締めくくった。

 会見にはそのほか、中村アン、飯尾和樹(ずん)、山下美月(乃木坂46)、高橋文哉、向井理、夏川結衣も出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ