プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

小堺一機、16年ぶり主演作はモノマネで雰囲気づくり 幼少期から変わらぬサービス精神「笑ってもらうのが好き」

16日放送の『明治ドラマスペシャル ずんずん!』に出演する鈴鹿央士、小堺一機、阿部純子 (C)テレビ朝日の画像

16日放送の『明治ドラマスペシャル ずんずん!』に出演する鈴鹿央士、小堺一機、阿部純子 (C)テレビ朝日

 タレントの小堺一機(65)が、16年ぶりに主演を務める16日放送のテレビ朝日系『明治ドラマスペシャル ずんずん!』(後11:15~深0:15※一部地域を除く)。直木賞作家・山本一力氏の現代小説をもとに、ひとりの牛乳配達員が起こしたささやかな“奇跡”を描き出す感動の物語。今回、出演者の中では最年長であるものの「中身が25、6歳で止まっているんですよ。最初入ったときは全員が年上でしたから、その感覚なんです、今も。そんなわけないんですけどね」とあっけらかんと笑う。そんな小堺が久々の主演作にどのように向き合ったのか、話を聞いた。

【写真】出演が明らかになった鈴鹿央士

 小堺演じる主人公の“タツさん”こと田代龍平は、60歳を超えた牛乳配達員。ある朝、担当エリア宅配中の田代は“小さな異変”に気づく。その家には、田代と同年代の女性がひとりで暮らしており、いつもきれいに洗った空き瓶を玄関先に戻してくれるのだが、その日はそれが置かれていなかったのだ。「もしや倒れているのでは…」。彼女の身を案じた田代は店長や同僚たちをも巻き込んで、“ずんずん!”と力強い足取りで救出を試みて…。

 田代が教育係を務めることになった新人配達員・栗本翔吾役の鈴鹿央士や、舞台となる牛乳配達店の“看板娘”纏あかね役の阿部純子、あかねの兄であり、牛乳配達店の若き店長・纏亮介役の木村了、田代が窮地を救うひとり暮らしの女性・湯川かおる役は朝加真由美役などフレッシュな新星から実力派まで個性豊かな共演者が脇を固める。

 「僕は最初のドラマ(出演の)のとき、十何回NG出したんですよ。照明さんに怒られて、アワアワしてしまって、ディレクターから『何で言えないんだよ!』とどやされて、最後は棒読みになって、放送を見たらカットになっていた(笑)。だけど、本当に今の方って、バラエティに出ている方も役者さんも、緊張はしているんだと思うんですけど僕みたいに馬鹿みたいには慌てたりする人がいないんですよね。だからそうなっちゃいけないと思うから昔よりプレッシャーです(笑)」

 続けて「みんな現場に本持ってこないしね。昔はリハーサルが2日ぐらいあって、いわゆる準備ができたんですね。でも今は現場に行って、テスト、本番でしょ。これは大変なことなんだけど皆さん非常に軽々とおやりになるので、僕はマネージャーさんに台本を持ってもらって見えないところでこっそり見せてもらう。でも他の人が見たら誰も(台本を)見てない(笑)」と素直な言葉で後輩たちへのリスペクトを表す。

 21歳の鈴鹿とは44歳差ながら「すごくキラキラしていてすごく自然に不器用な若者を演じてくれたので彼とのシーンはすごく好きです」と振り返る。現場では「鈴鹿くんとか阿部純子さんとか、映画がお好きだったので、最近見たような話とか、1日、撮休の日があったりして、その前の日に『あの映画観た?』とか言ったら次の日に『観てきました』とか言ってくれたりして非常に反応が早い共演者の皆さん、楽しかったです」と交流を楽しんだようだ。

 芝居をする上でも共演者から受ける刺激はたくさんあったようで「うちでせりふを練習していると、ここが言いづらいと思ったりすると、相手の方の顔やお芝居でこちらの芝居が予想と違うことができたりするんです。若いみなさんと演技のなかで用意したものと違うものができたりした。ドラマって時々そういうことがあって、10用意したことでも違うことができたりする。いい人を演じるのではなく、演じていたらいい人だったみたいな。これまで僕は説明する役が多かったので、今回は久々に対話をする役だったので新鮮でした」とその声からは充実感がにじんでいる。

 座長としての意識については「持たなきゃいけないんでしょうけど、こんなんなので…(笑)」と冗談めかして謙そん。「『目覚めたみたいだ』というセリフがあったんですけど、監督がタツさんだとこんな文語体の事は言わないでしょうね、って。だから『お母さん、大丈夫?』に変えたんですね。僕は本当の仕事より余計なことするんで田村(正和)さんなら『目覚めたみたいだな…』って言ってもいいねって、モノマネしたりとかね(笑)。自分の芝居をちゃんとしなきゃいけないのに、平泉成さんだったらこうですねとか。結構みんな笑ってくれたんで、それは助かりました。多少和んでくれたかな」と目尻を下げた。

 自身の幼少期にも触れ「小学校の時は転校が多くて、親にね、お前は勉強ができるわけではないし、カッコいいとか言うタイプでもないけど、唯一、面白いことを言うから、そうやってなじんでいけって言われたんです。古畑任三郎に出演した時、田村さんは入ってきただけでも、人間エアコンのように空気が変わりましたけど、僕はそういうタイプじゃないし、何か圧倒的にすごい演技をするわけでもない。だからそうやって笑ってもらうんです、そういうのが好きなんですよ」。幼少期の経験から培われたサービス精神な人柄。実際にモノマネを披露しながらエピソードを明かす姿には自然とこちらも笑顔になる。そんな小堺がドラマの中で、困った人を放っておけない人情派・タツさんとして視聴者に笑顔を届けてくれる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ