プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

吉永小百合・松坂桃李・広瀬すず・西田敏行、“まほろば診療所”キャラポスター

映画『いのちの停車場』(5月21日公開)(左から)西田敏行、松坂桃李、吉永小百合、広瀬すず“まほろば診療所”メンバーのキャラクターポスター (C)2021「いのちの停車場」製作委員会の画像

映画『いのちの停車場』(5月21日公開)(左から)西田敏行、松坂桃李、吉永小百合、広瀬すず“まほろば診療所”メンバーのキャラクターポスター (C)2021「いのちの停車場」製作委員会

 映画『いのちの停車場』(5月21日公開)の中心となる“まほろば診療所”メンバーのキャラクターポスターが解禁された。吉永小百合をはじめ、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行らが雨の中で優しい表情を見せている。

【写真】個別のキャラクターポスター

 本作は――長年、東京の救命救急の現場で働いていたが、とある事件をきっかけに、在宅医療専門医として故郷・金沢の「まほろば診療所」で働き始めることとなった白石咲和子(吉永)。それまでの“いのちを救う”現場との違いに戸惑いながらも、患者たちそれぞれの願いや、支える家族の思い、患者の心に向き合うことの大切さに気づいていく。咲和子を慕って東京からやって来た医大卒業生の野呂聖二(松坂)、看護師の星野麻世(広瀬)、「まほろば診療所」の院長の仙川徹(西田)たちに支えられながら、いつしか咲和子自身も「いのちの在り方」「生きるという意味」について考えていくストーリー。

 解禁されたキャラクターポスターの“降り続く雨”は劇中に登場する患者やその家族たちに訪れる悩みをイメージしており、まほろば診療所が彼らにとって雨空の中で現れた” 晴天”のような、希望に満ちたあたたかい場所であることを表現している。

 ポスターにはそれぞれのキャラクターを表したキャッチコピーも添えられており、少し物憂げな表情をした咲和子は「降り続ける雨にも、輝く瞬間がある。」
との言葉通り、患者たちの”いのちのかがやき”を最期の瞬間まで見届けよう
と奔走する彼女の性格が表したもの。

 また、「雨のち、希望。」、「雨上がりに、勇気。」の言葉と共に、
それぞれ微笑みながら空を見上げる野呂と麻世の表情からは、ふたりがまほろばを通して成長していく様子がうかがえる。お互い悩みを抱えながらも、一生懸命に自分自身や患者たちと向き合おうとする野呂と麻世は、まさに本作の希望を象徴するキャラクターだ。

 そして、咲和子、野呂、麻世や個性豊かな患者とその家族たちを、あたたかく大きな心で包み込んできた仙川は、「一緒に、雨宿りしませんか。」といった、今にもその優しい眼差しとともに言葉が聞こえてきそうな、仙川の人となりがにじみ出たコピーとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ