プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

泉谷しげる、発起人の『阿蘇ロックフェス』今年で勇退「次の世代のアーティストに」

泉谷しげるの画像

泉谷しげる

 シンガー・ソングライターの泉谷しげる(72)が、発起人として2015年から開催してきた『阿蘇ロックフェスティバル』を今年で勇退することを発表した。昨年はコロナ禍で中止されたが、今年は『新阿蘇大橋開通記念』として10月23・24日に熊本県野外劇場アスペクタで開催する。

【写真】ポースをキメる京本政樹&泉谷しげる

 同フェスは、2014年に阿蘇山中岳で起きた大規模噴火で阿蘇を訪れる観光客が減少、その後も風評被害によって観光客が戻ってこない状況を憂慮した泉谷が「エンターテイメントで地域活性」を合言葉に熊本・南阿蘇村で開催してきた。しかし、その翌年、同県で大地震が発生したことから、その後は熊本地震被災地を支援するフェスとして泉谷が発起人となって盛り上げてきた。

 中でも2年前の19年は「噴火、大地震と大きな災害に見舞われた熊本、阿蘇の出来事は日本中で考えなければならないこと。誰もがその一日も早い復興を望んでいる」(泉谷)と、会場を北九州市小倉のミクニワールドスタジアムに移して全国に向け『阿蘇ロックフェスティバル2019 in北九州』として支援を訴えた。

 昨年はコロナ禍で社会が揺れる中で中止を余儀なくされただけに、泉谷も「今年こそはいう思いが強い」という。「熊本市から阿蘇方面への大動脈ともいうべき57号線も昨秋、復旧し、さらに今年3月には熊本地震で崩落した阿蘇大橋が『新阿蘇大橋』となって開通した。オイラが念願として掲げてきた阿蘇地域全体のインフラも整い、いよいよ阿蘇の観光業復興に弾みが出てきた。そこで、今年は熊本地震からの復興を大いに祝したロックフェスにしたい。あとはコロナの感染拡大が収まればいいだけ」と泉谷は語る。

 今年での勇退を決意したことについては、「地元の有志の“志”もあって、ここまで輪を広げることが出来たし、これでオイラの役目も果たしたと思っている。本当は、去年を最後にするハズだったが、コロナのせいで中止となり、コロナ都合であいまいな決着にしたくなかったのさ。コロナのせいで、勇退するのはシャクだからな!」と理由を明かす。

 「今年で5回目となり、あの新阿蘇大橋もやっと開通して、一つの区切りで、オイラは若いアーティスト、次の世代のアーティストに、阿蘇ロックを受け継ぎたい。ま、オイラの既得権じゃないし、持ち物でもないんだから。また個人的な理由だが、72歳オレの足で、あの山の中、あの急勾配のステージ立地は、体力的に正直、つらい! とにかく、若い連中に、これからも阿蘇ロックを受け継いでいってほしい」と発起人としての魂を若い世代に託した。

 泉谷はこれまでも1991年の長崎・普賢岳の大噴火や93年の北海道南西沖地震の大津波、95年の阪神・淡路大震災、さらには東日本大震災など災害が起こるたびに被災地への支援を積極的に行い「日本を救え!」と叫び続けてきた。そう言った泉谷にはさだまさしや松山千春、小林幸子、大竹しのぶ、ももいろクローバーなど多くのアーティストや仲間が賛同してきた。

 『阿蘇ロックフェスティバル2021』の出演者など詳細は今後、随時発表される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ