プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

宇賀那健一監督、4つの短編がつながった映画『異物 -完全版-』劇場公開決定

宇賀那健一監督最新作『異物 -完全版-』2021年劇場公開 (C)『異物-完全版-』製作委員会の画像

宇賀那健一監督最新作『異物 -完全版-』2021年劇場公開 (C)『異物-完全版-』製作委員会

 海外の映画祭などで上映され、「これはトワイライトゾーンの現代版のような楽しい芸術作品だ。一見の価値あり!」(※1)、「この映画は現代の世界における人間の接触について非常に予想外の方法で語ることに成功している。」(※2)、「この映画は非常に優れたスタイルを持っている。」(※3)などと、賞賛を浴びた宇賀那健一監督の映画『異物 -完全版-』の劇場公開が決定した。

【写真】4つの短編映画の場面写真

 映画『黒い暴動』『サラバ静寂』『転がるビー玉』の宇賀那監督が手掛けた短編映画『異物』(出演:小出薫、田中俊介ほか)、『適応』(出演:石田桃香、吉村界人、田中真琴ほか)、『増殖』(出演:宮崎秋人、ダンカン、高梨瑞樹)、『消滅』(出演:小出薫、田辺桃子)の4作品がつながった長編作品。劇場公開決定の情報にあわせて、“あるもの”が映り込む不穏な空気漂うティザービジュアルも解禁された。

■短編映画『異物』(洋題:Extraneous Matter)
 カオルは日々の生活に言い知れぬ閉塞感を感じていた。彼氏のシュンスケはご飯を食べるためだけに家にやってきては「美味しい」とも言わず帰っていく。出会い系アプリのアルバイトも、そこで働いている奴らも下らないことしか喋らず大嫌いだ。そんなある日、とあるものがカオルの家にやってくる…。

■短編映画『適応』(洋題:Coexistence)
 トモミはいつもと変わらない下らない日常にイライラしながらバーでのバイトをしていた。そんな中、コウダイは急いでバーへ向かっていた。昔の彼女であるミナに、家に帰ったらいたあるものを見せるためである…。

■短編映画『増殖』(洋題:Propagation)
 ゴミの処分場で働くリュウ、タケシ、ミサトは国から補助金をもらい、新たな事業を始めていた。作業中、リュウはとあるものを発見してしまう…。

■短編映画『消滅』(洋題:Disappearance)
 異物との出会いから一年。激変する社会情勢の中、カオルは日々の小さな変化を積み重ねながら暮らしていた。そんなある日、カオルが行きつけのバーに向かった…。

※1=Oshka Kuwalski/Planet 9 Film Fest 2020(米)
※2=Saul Mendez Filho/Cinehorror Film Festival(ブラジル)
※3=Robert John Torres/第51回ナッシュビル・フィルム・ フェスティバル(米)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ