プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

なにわ男子『まだアプデしてないの?』MCにニューヨーク 藤原丈一郎「場所としての距離は遠いですが関係性を縮めて…」

なにわ男子『まだアプデしてないの?』にMCとして参加するニューヨーク(左上) (C)テレビ朝日の画像

なにわ男子『まだアプデしてないの?』にMCとして参加するニューヨーク(左上) (C)テレビ朝日

 関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)が出演する、17日スタートのテレビ朝日系バラエティー『まだアプデしてないの?』(毎週土曜 後3:30※一部地域を除く)に、お笑いコンビのニューヨークがMCとして参加することが発表された。グループ初の関東圏で本格的なレギュラー番組をスタートさせることとなり、飛ぶ鳥を落とす勢いをみせるなにわ男子と、人気急上昇中の芸人・ニューヨークが初タッグを組む。

【動画】『まだアプデしてないの?』予告でわちゃわちゃするなにわ男子

 番組では、テーマに沿って視聴者から寄せられたエピソードを再現VTRで紹介するほか、スタジオでもそのテーマについてトークを展開する。この4月からテレビ朝日で初の冠番組『NEWニューヨーク』(毎週木曜 深1:56)もスタートするニューヨークがMCとして参加。初回収録から初共演とは思えないほど息の合ったやり取りを見せた。

 収録を終えたニューヨークは、「なにわ男子のスキルの高さにびっくり! あっぱれですよ、バカ売れするんじゃないですか」(屋敷裕政)、「正直、しゃべり方も内容も、僕より上手い! ダメ出しされないように頑張らなきゃ」(嶋佐和也)となにわ男子を絶賛する。一方のなにわ男子も「しょっぱなから7回目くらいの仲の良さで行けた気がします」(西畑)、「最初からすごくいい雰囲気でした。なにわ男子の“なにわ”とニューヨークさんの“ニューヨーク”、場所としての距離は遠いですが、僕らの関係性はますます距離を縮めて、長くやっていけたら」(藤原)と手応えをつかんでいた。嶋佐は「末永くこの番組を続けていって、いずれは“嵐とオードリー”くらいの誰もが知っているような知名度とポジションに」と意気込みながら「将来的にはこの番組もゴールデンなどでできたら!」と“アプデ”の野望を語った。

■ニューヨークコメント
【嶋佐和也】若い子たちとの差というか違いみたいなものは知っておきたい、と常々思っていたので、そういう意味では初回からすごくためになりました。スタジオの雰囲気もすごく良くて、本当に楽しかったですよ。

 なにわ男子の番組で僕らがMCをやらせていただけるなんてとても光栄。ここのところジャニーズのグループの方とお仕事させていただく機会が多かったのですが、なにわ男子の皆さんとは今回は「はじめまして」でした。正直、しゃべり方も内容も、僕より上手いですね(笑)。みんなめちゃくちゃかわいい顔して、めちゃくちゃしゃべりが上手いのであせりました! そんな皆さんと一緒にできるのが、うれしい反面、ダメ出しされないように頑張らなきゃ、って思っています。

 なにわ男子とニューヨークで、末永くこの番組を続けていって、いずれは“嵐とオードリー”くらいの誰もが知っているような知名度とポジションに“アプデ”できたら…。そして、この番組も将来的にはゴールデンでやるくらいに“アプデ”したいです! そのとき、僕らだけがチェンジされないように、しっかり関係性も作らないといけないですね…(笑)。

【屋敷裕政】きょう初めての収録だったんですけど、ホントに楽しい番組だと思いました! 収録している最中にもどんどん自分の価値観がアップデートされていくのがわかりますし、いろいろなことを知るいい機会になるので、30代の僕らとしては、40歳になる前にこの番組に出会えてよかったな、って思っています。30代後半に差し掛かると、ちょうど20代の子たちと微妙にズレ出すころなんですよね(笑)。今日すでに、きっちり感じましたよ、ズレと自分らの年齢を…!

 横にアナウンサーさんがいて、しっかり進行してくださる中で僕らがMCをする、なんていう番組はこれまでにやったことがなかったので、「こんなにやりやすいんや!」ってびっくりしました。そしてなによりなにわ男子の“スキルの高さ”にびっくり! 今回初めてご一緒したんですけど、「こんなにしゃべれるんや」と感動しました。特に誰と指名せずに「どお?」ってトークを振っても、全然変な間を生んだりすることなく、みんながきっちりしゃべるんですよ! あっぱれですよ、バカ売れするんじゃないですか、なにわ男子は。

 世代の違いはあれど、今お互い前を向いて突き進んでいる者同士、勢いに乗ってこの番組で頑張って“アプデ”していけたらなと思っています!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ