プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『シン・エヴァ』興収74.2億円突破 庵野秀明&碇シンジを「100億の男へ」の動きも 舞台あいさつ3分で完売

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のキービジュアルの画像

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のキービジュアル

 アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(3月8日公開)の最新の興行収入が12日、東映より発表され、公開35日間で興行収入74億2624万3700円、観客動員数484万8041人を記録した。興行収入・観客動員ともにシリーズ最高記録を更新中で、10日・11日の2日間の成績は、興行収入2億6520万3150円、観客動員数16万807人を記録。11日に都内で行われた舞台あいさつは、約3分で完売したことがあわせて発表された。

【動画】『エヴァ』の小ネタを初暴露!ブツブツ明かす庵野秀明監督

 公開初日から興収8億277万4200円、観客動員数53万9623人を記録し、前作『:Q』(2012年公開)初日の興行対比123.8%、観客動員対比121.7%と、大ヒットスタートとなった今作。東映によるとシリーズ作品の興行成績において「公開からの成績は常に最高記録を更新中」と説明しており、すでに前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年公開)の最終興収53億円を突破し、シリーズ最高興収を更新し続けている。

 なお、庵野秀明氏(総監督)は、11日に都内で行われた同作の舞台挨拶で、「もう前作『Q』を超えて、さらに80億円ちょっと超えると『シン・ゴジラ』を超えてくれる。そこを超えてくれたら僕の中でレコードになるし、100億円を超えるとアニメ業界の活性化にいいんですよ」とし、「庵野のレコードとしても『シン・ゴジラ』を超えたいなと。もう少しイケたらいいなと思います」と思いを伝えた。

 また、「スタッフの代表として、みなさまにお礼を言う最後のチャンスかな、と思って出ることにしました」「こういったニッチな(分野の)ロボットアニメで100億を目指せるというのはありがたいこと」とファンへの感謝の言葉もあり、ネット上では、「庵野秀明を100億の男へ」「碇シンジを100億の男へ」というような声もあがるなど、大きな話題となっている。

 『新劇場版』シリーズは、テレビシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』に新たな設定とストーリーを加え全4部作として「リビルド」(再構築)したもので、今作は、2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、09年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、12年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く作品であり、完結編となる。

■『シン・エヴァンゲリオン劇場版』興収の流れ
初日:興行収入8億277万4200円、観客動員数53万9623人
7日間:興行収入33億3842万2400円、観客動員数219万4533人
14日間:興行収入49億3499万6800円、観客動員数322万2873人
21日間:興行収入60億7821万1750円、観客動員数396万1480人
28日間:興行収入68億9861万3200円、観客動員数451万3374人
30日間:興行収入70億円突破
35日間:興行収入74億2624万3700円、観客動員数484万8041人

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ