プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【青天を衝け】草なぎ剛、目の演技で表現した斉昭の“死”「胸を打たれる」と視聴者感嘆

11日放送の第9回「栄一と桜田門外の変」より(C)NHKの画像

11日放送の第9回「栄一と桜田門外の変」より(C)NHK

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』の第9回「栄一と桜田門外の変」が11日、放送された。

【場面写真】”斉昭”竹中直人と”吉子”原日出子のキスシーン

 今回は、井伊により蟄居(ちっきょ)を命じられた斉昭(竹中直人)や慶喜(草なぎ剛)が無言の抵抗を続ける中、桜田門外の変で井伊直弼(岸谷五朗)が暗殺される。さらに斉昭の突然の死去で、それを知った慶喜は悲しみに暮れる。一方、江戸から戻った長七郎(満島真之介)に感化され、尊皇攘夷の考えに傾倒し始めた栄一は、喜作(高良健吾)に続いて江戸へ行きたいと父・市郎右衛門(小林薫)に懇願した。

 斉昭の死を知った慶喜は、目を大きく見開き驚きの様子を見せながら「謹慎というのは、親の見舞いどころか死に顔も見られんのか…」と嘆き、「父上…」と涙を流した。このシーンに「自分を親不孝者と嘆き悲しむ姿に胸を打たれる」「眼球のみで演技する」「絶妙な演技にほんと魅せられる」「先週の怒りから今週の泣きの演技、この振り幅だよなー」とあらためて、その演技力をたたえる声が集まった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ