プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

平手友梨奈、バドミントンの強豪選手を熱演 リオ五輪代表・栗原文音が熱血指導

日曜劇場『ドラゴン桜』でバドミントンの指導を行った栗原文音 (C)TBSの画像

日曜劇場『ドラゴン桜』でバドミントンの指導を行った栗原文音 (C)TBS

 俳優の阿部寛が主演するTBS系日曜劇場『ドラゴン桜』(25日スタート 毎週日曜 後9:00)。平手友梨奈が演じる高校生バドミントントップクラスの岩崎楓と、吉田美月喜が演じる清野利恵は“イワキヨ”ペアというダブルスを組む。そんな2人のバドミントン指導を、リオデジャネイロオリンピックにて混合ダブルスで日本人初のベスト8入りを達成した栗原文音(日本ユニシス)が務めることが発表された。

【シーン写真】鋭い眼差しでラケットを構える平手友梨奈

 今作は週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から連載中の三田紀房氏による『ドラゴン桜2』を実写化。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』の15年後を描く続編となっているが、今の時代に合わせたエッセンスを入れ、ドラマオリジナルの展開が予定されている。

 前作では「東大専科」の生徒たちとして山下智久、長澤まさみ、小池徹平、新垣結衣、中尾明慶、紗栄子といった面々が出演。今作では、King & Princeの高橋海人、平手、南沙良、細田佳央太、志田彩良、鈴鹿央士、加藤清史郎らフレッシュな顔ぶれが勢ぞろいした。

 “イワキヨ”は、インターハイ準優勝の経歴を持つ強豪ペアという役どころ。平手は、強豪選手をリアルに演じるために、栗原と共に特訓に励んだ。世界を相手にしたコーチ直伝の、平手の強く華麗なバドミントン姿も今作の見どころのひとつだ。そのほか、劇中では、岩崎の部活動を頑張る姿を通して、大学受験との部活動の関係性や両立、それに生じる悩みなどにも触れていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ