プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

那須川天心、ボクサー転向を発表「革命を起こします」 来年3月キックボクシング引退へ

キックボクシング引退、ボクシングへの転向を発表した那須川天心の画像

キックボクシング引退、ボクシングへの転向を発表した那須川天心

 キックボクシング・RISE世界フェザー級王者の那須川天心選手(22)が、来年2022年3月をもってキックボクシングを引退し、ボクシングに転向することを10日放送のTBS系『炎の体育会TV』で発表した。キックボクサーとしては来年3月開催の『RISE』まで2~4試合を予定しており、その後、2022年中のボクサーデビューを目指す。

【写真】ボクシング転向への思いを語る那須川天心

 史上最年少16 歳でRISEのバンタム級王座を獲得し「神童」「キックボクシング史上最高の天才」などと称されてきた那須川選手。現在はキックボクシングの練習に加え、ボクシングデビューに向けパンチ技術を上げる練習をメインに準備しているという。

 最強のチャンピオンとして、ここ数年は常に挑戦者を迎え撃つという立場。その立場に甘んじることなく、“常に挑戦していたい”という本人の思いから、キックボクシングを引退し、ボクシングへの転向を決意。那須川選手は「キックの技術があるからこそ、ボクサー相手にも通用する部分があると思う。転向へ向けてボクシングの練習を開始してからは、毎日刺激しかない。ボクシングにおいては一番下からのスタートだから、上にどれだけ強い選手がいるんだろうってわくわくする」と語っている。

 キックボクシングに対しては「プロの格闘家の道に進ませてくれたキックボクシングには愛着もあり、感謝の念が強いです」としつつも「しかし、まだ22歳。“無敗のチャンピオンとして挑まれる立場”のキックボクシングは一旦ここで卒業し、自分がゼロからの挑戦者になれるボクシングの道を次のフィールドとして選びました」と転向に至った理由を説明する。

 来年の引退に向けては「全試合KOしたいですね。ただ、引退へ向けたカウントダウンとなる数試合だからといって、いつもと何かを変えるのではなく、これまで通りの準備・調整をして試合に臨みたいと思っています」と動じることなく王者の気構え。「ボクシングではゼロからのスタートなので、“挑戦者としての那須川天心”が勝ち上がっていく姿を、ぜひ見ていただきたいです。キックボクシングは2022 年3 月で卒業しますが、必ずボクシング業界でも革命を起こします。皆さん引き続き応援宜しくお願いします!」と呼びかけている。

【那須川天心 タイトル一覧】
RISE WORLD SERIES 2019 -58キロ級王者
初代RISE 世界フェザー級王者
第6代RISE バンタム級王者
BLADE FC JAPAN CUP 55キロ 2015 トーナメント優勝
RIZIN KICK ワンナイトトーナメント(57キロ)2017 優勝
ISKA オリエンタルルール 世界バンタム級王者
ISKA フリースタイルルール 世界フェザー級王者

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ